自己prの苦手な人でも簡単に書ける新卒が実践したい履歴書の書き方 | 新卒就活.com

2016/08/24更新

自己prの苦手な人でも簡単に書ける新卒が実践したい履歴書の書き方

就職活動中は何枚も、または何十枚何百枚と履歴書を書くと思います。
そして、志望する企業や業種にあわせて自己prをかえたり、応募企業によっては、決まった履歴書に記入することで、自己prを長くしたり短く編集することもありますよね。さまざまな欄を記入する履歴書ですが、一番悩みどころは、「自己pr」欄と「志望動機」欄ではないでしょうか。
そんな悩ましい欄の1つ「自己pr」欄の書き方のポイントについてご紹介します。

book-984258_960_720

自己prを取り掛かるにはまず自分の売りを知る

自己prを履歴書に書こうとするときは、まずは自分の売りを見つける必要があります。
また、自己prでよく聞く「私は、我慢強いです」「僕は、努力家です」などという台詞は、結果であり、結論でもあるものです。まずは、企業に売り込めるところを探してみましょう。

自己prが分からない人は短所から導き出そう

長所や自己prが思いつかない!という人はまず、自分の短所をあげてみましょう。短所の裏返しがあなたの長所になります。
たとえば短所が「マイペースなところ」なら長所は、「周りに流されず、焦らず、自分のペースで物事を進めることができます」になります。他にも、「おおざっぱ」なところが短所なら、長所は、「広く、物事をとらえ処理することができます」になりますね。

自己prできるものがない人はいないものです。しかし、気づきにくいため、自分には自己prできるものがないと思い込んでしまうのです。
どんなに考えても何も、思いつかなければ、短所から自分の自己prポイントを探してみましょう。

履歴書の自己prを書くときのポイント

では、実際にどのような自己prを書けばいいのでしょうか。要点がずれている文、長文過ぎて何を伝えたいのか分からない文にならないように、以下のポイントを押さえて履歴書に書いていきましょう。

裏付けられるエピソードを書く

では、実際にどのような自己prを書けばいいか見ていきましょう。

「僕は、根性がある頑張り屋です!」と書いても、読み手には、「だから?」という印象になってしまいます。説得力を増すためには、“頑張り屋”ということを裏付けるエピソードや経験が必要になってきます。たとえば、以下のように変えてみるだけでも印象は変わります。

【例文】
「僕は、大学で野球部に所属しており、毎日の練習を欠かすことなく続け、怒られた日も、試合に負けた日も、練習を続けてきました。そして、大学3年には、エース4番になることが出来ました。」

の方が、「僕は、根性がある頑張り屋」ということが具体的に伝わりやすいです。
こんなことをこんな風に頑張った、そしてこんな結果を残した。というわかりやすいエピソードが面接官は知りたい情報なのです。

句読点を打つ

字数に制限がある場合など、沢山の文字を書くために、句読点を打たない人がいますが、とても読みづらくなってしまいます。内容が良くても、読みづらさが印象に残り、選考を進むのが難しくなってしまうかもしれません。
句読点も文章の大切な部分です。省かずに読みやすいように、句読点を打ちましょう。

履歴書の自己prのお題には決まりはない

colored-pencils-168391_960_720

自己prには、どのようなお題がいいか迷ってしまう人が多いといわれています。特にこのお題でなければならないということはありません。
大学のゼミや部活、サークル、アルバイトなどのエピソードで自己prする学生は大半を占めますが、お題は違っても良いのです。

【例文】
「私は毎日、小学校4年生の頃から、12年間、夕食後のお皿洗いを欠かさずしています。」
「私は誰よりも、明るく、笑顔で挨拶ができます!」

というお題でもいいのです。
このときに、どういった背景で行うようになったのかなども添えられると、より説得力が増した自己prになるでしょう。

まずは、自己prの題材を見つけ、履歴書に書く際のポイントを押さえて実践してみましょう。

新卒の履歴書で自己prは短所から導き出し裏付けるエピソードも書こう

自己prは就職支援サイトなどの例文を真似る必要はありません。1人1人個性があり、自ずと自己prポイントも異なってきます。
あなたの一番良い所を、存分にアピール出来るポイントを選び、エピソードを添えて、履歴書に書いて下さい。
新卒の自己prに決まりはありません。逆に個性あふれた自己pr文の方が、採用担当者の目にとまったり、印象に濃く残りやすいかもしれません。
提出前に、誤字脱誤やですます調に揃えるなど最低限の確認は忘れずに行いましょう。