履歴書の自己PRに盛り込むべきポイント3つ | 新卒就活.com

2015/12/25更新

履歴書の自己PRに盛り込むべきポイント3つ

履歴書の自己PRに盛り込むべきポイントを紹介します。
履歴書には、自己PRを書く必要があります。
しかし、それは文字数も限られているので、決して簡単なことではありません。そこでは書くべきことは絞って書く必要があるのです。そこでここでは、履歴書に書く自己PRに盛り込むべきポイントを紹介します。

履歴書の自己PRに盛り込むべきポイント1,今まで頑張ってきたこと

sun-1086799_960_720
履歴書の自己PRで書くべきことの一つとしてまず紹介するのが、今まで何を頑張ってきたのかということです。
今までに頑張ってきたことを記載していくことで、その人がどんな人かということも分かりますし、これからもどんなことで頑張ってくれるかということが分かるようになります。
とても自分を伝えられるポイントだと言えるでしょう。

●再現性の高いことを書くこと!

特に頑張ってきたことを書くべきですが、その中でも再現性の高いことを書くようにして下さい。
履歴書の自己PRなのですから、そこでアピールされることは仕事で活かせることでないと意味がありません。
それならばこの仕事でも頑張ってくれるだろうと思えるような、再現性の高いことを記載するようにしていってください。

履歴書の自己PRに盛り込むべきポイント2,成果を記載する

そうしてがんばった成果でどんなことを得たのかということも、履歴書の自己PRには記載するようにしていかないといけません。
それによりさらに再現性の高さが伝わるようになりますし、能力や魅力がストレートに伝わるようになります。
いうなれば、改めて言葉でどんな点が自分の魅力であるかということを説明することになるのです。
言葉にしなくても伝わることはあるかもしれませんが、言葉にした方がより伝わるようになるので、履歴書の自己PRにはそれも加えていきましょう。

●得たものはシンプルかつ具体的に書こう

そこで得たものというのは、なるべく具体的に短い言葉で表せるようなものが一番です。「私はその経験を通して○○という能力を得ました」というようなシンプルなもので十分です。あまりにダラダラと長く抽象的に書くと、それによりここの項目の効果が弱くなってしまうので、その点に関しては注意が必要です。

履歴書の自己PRに盛り込むべきポイント3,将来への活かし方

そうしたことを踏まえて、履歴書の自己PRの最後には、将来どのように役に立っていきたいかということを記載して行くと、文字数のバランスと内容のバランスがあった魅力的な履歴書の自己PRになるでしょう。
将来どう役に立てるかということは、重要視される点でもあるので、特にここに文字数をのこしておくのもアリでしょう。

●具体的なキャリアプランを記載する必要がある!

ここの点も、具体的に記載していく必要があります。
「将来私は○○という能力を活かして○○していたいです。」のようなふわっとしたものではなく、「3年後には○○という能力を貴社の○○で活かし、5年後には○○していたいと思っております。」のように、しっかりと年数をいれつつ具体的に答えるようにしてください。
すると履歴書の自己PRはグッと魅力的になります。

履歴書の自己PRでは数字を取り入れて具体的に書くと吉!

以上、履歴書に書く自己PRに盛り込むべきポイントのご紹介でした。
これらの3つだけを盛り込むようにしておけば、バランスのとれた履歴書の自己PRになるでしょう。
盛り込むべきポイントだけを適切に盛り込み、良いものをつくっていってください。