履歴書の自己PRを箇条書きにするメリット・デメリット | 新卒就活.com

2016/08/04更新

履歴書の自己PRを箇条書きにするメリット・デメリット

履歴書の自己PRを箇条書きにするメリット・デメリットについてご紹介します。
履歴書の自己PRの欠き方に悩む人も多いです。
箇条書きにするメリットとデメリットを見ていきましょう。
履歴書の自己PRは「文章」か「箇条書き」の2択となるのが普通です。

履歴書の自己PRを箇条書きにするメリットとは??

pencil-sharpener-838605_640
履歴書の自己PR欄は、基本的には文章で書く人が多いかと思います。
しかし、言葉というのは案外難しく、それならいっそ箇条書きで自己PRを書いたほうがいい、と考える人も実際にはいます。
とはいえ、採用担当がどっちのタイプなのかを判断することは事実上無理があります。
まずは、履歴書の自己PRを箇条書きにするメリットについてみてみましょう。

●自己PRが一発でわかる!見た目もシンプルになり採用担当者も読みやすい

自己PRを箇条書きにすることで、見た目にもシンプルになり「自己PRが何なのか」をさくっと読み取れる履歴書を作成することができます。
ひとつの箇条書きにひとつの自己PRを書き込むことで、はっきりとその人材のイメージを沸かせることが可能、ということです。
とはいえ、自己PRには一貫性を持った『ひとつの要素』のみで書くほうが強みを感じます。
箇条書きにするのであれば、ブレのない書き方をする必要があります。

履歴書の自己PRを箇条書きにするデメリットとは??

その反面、履歴書の自己PRを箇条書きにすることでデメリットも当然生まれます。
簡素に書くことで、多少の雑な印象を与える場合もあるのです。
そして、それ以上にデメリットとなるのが、自己PRから文章力を読み取ることができないという点です。

●採用担当者が見たい文章力を書き示すことができない!

採用担当によっては、自己PR欄から読み取るのはその人材の特性ばかりではありません。
文章で書くことで、「文章の構成力」や「日本語の読解力」を見ようとする人もいるからです。
そのため、やはり基本的には自己PRは文章にするべき、というのが大前提でしょう。

履歴書の自己PRを箇条書きにする際のポイントとは?

やっぱり自己PRは文章にするべきなのか……
とはいえ、そもそも文章力に自信がない人だっているでしょう。
ビジネスにおいて、わかりやすい文章を書く能力を必要としている業界は多いです。
報告書や始末書、お客様へのメールなど、文章を作る機会は少なくないからです。

●第3者に読んでもらって判断すること!

まずは、文章で作成した履歴書を第3者に見てもらうようにしましょう。
そして、そこからどちらのほうがリスクが少ないかを判断してみることです。
いくら文章の方がいいとはいえ、伝えるべき内容が伝わらなくては意味がありません。
その上で箇条書きのほうがいい、と判断したのなら、わざわざ文章にする必要はありません。

履歴書自己PRの箇条書きにするかしないかはリスクで判断すること!

履歴書の自己PRを箇条書きにするメリットとデメリットについてまとめてみましたが、いかがでしたか。
ここで挙げた通り、基本的には文章で自己PRを書くべきです。
しかし、文章にすることで伝えにくくなってしまうのもまた事実。

箇条書きにするかどうか、しっかりと練ってから履歴書を作成するようにしましょう。