履歴書の項目における書き方とポイント | 新卒就活.com

2016/09/06更新

履歴書の項目における書き方とポイント

履歴書の項目における書き方とポイントについてご紹介します。
履歴書は就活生にとっては欠かせない大切な書類です。
恐らく多くの企業が選考の一環として履歴書の提出を求めてくるでしょう。
履歴書の項目はある程度書き方の形式が決まっていますが、中には志望動機など自己アピール出来る機会はあります。

履歴書とエントリーシートの違いとは??

letter-761653_640
履歴書とエントリーシートは、どちらも入社希望者どのような人物であるかを判断し、選考の基準となりますが、その目的は若干異なります。
履歴書は、全ての企業で必ず提出しなければなりません。

主な項目は、学歴や職歴など、その人のこれまでの経歴を尋ねるのが目的です。
一方、エントリーシートは、尋ねられることも百社百用で、全ての学生に同じ質問を行うことで選考しやすくし、また応募した人の考え方を引き出すことによって、本当に必要な人材だけを取り込もうとする会社側の意図が見えます。

●履歴書では就活生の経歴を知るのが目的・エントリーシートでは考え方を引き出す

履歴書とエントリーシートは、その性格は違いますが、志望動機や自己PRなど、同じ項目を記入することがあります。
それぞれ、どう記入すればいいのでしょうか。
そして、当たり前のことですが、性格が違うからと言って、一方を軽んじるわけにはいきません。
どちらも丁寧に記入することを心がけて下さい。最低限のマナーです。

履歴書の項目について

履歴書に書く項目は、氏名・写真や住所、連絡先の他、学歴・職歴、免許・資格、趣味・特技、志望理由、長所・特徴などの自己PRが、一般的な履歴書の項目になります。

連絡先や学歴はなどは、形式的なものですから、変えようがありません。ポイントになるのは、やはり、志望理由でしょうか。
志望理由は、エントリーシートに記入することも多く、同じように書けばいいのか、迷うところですが、矛盾する内容を書いてはいけません。

●履歴書で簡単に志望理由をまとめてエントリーシートで詳しく書く・別のエピソードで切り口で説明する

ですので、同じ志望理由を履歴書で簡潔に述べ、エントリーシートや面接の際に詳しく伝えるようにするのが良いでしょう。
あるいは、同じ志望理由を、別のエピソードや切り口で説明するのもいいでしょう。ただ、履歴書の場合は、字数も限られていますから、簡潔に、結論から述べるのがポイントとなります。

さらに他の項目、自己PRについても、同様のことが言えます。
エントリーシートと被ってしまいますが、自己PRのチャンスが2回あると前向きに捉えましょう。
そして、可能であれば、入社後の自分の姿を反映させてみるのがいいでしょう。
面接官も、入社して会社に貢献できると思って採用するわけですから、入社後をイメージできるものがベストチョイスです。

履歴書を書く上での注意点とポイント

履歴書の項目は、形式的な項目と志望理由や自己PRなどの自由度の高いものまで様々ですが、いくつかの注意点があります。
まずは、簡潔にまとめなければならないため、基本的には結論から述べて、その理由を補充説明します。
また、テクニック的なことですが、詳細は「面接でお話しさせて下さい」などと記入することもアリです。
履歴書はそれだけで完結するものではなく、それを1つのきっかけに面接をしていくわけです。

●結論から述べること!具体的なエピソードや数字を入れえると信憑性が増す!!

また、これもテクニック的な話になりますが、志望理由や自己PRを箇条書きにし、文章であれば、2つしか書けないところを、箇条書きで4つくらい書くことも可能です。
あとは、一般的なポイントとして、より具体的なエピソードを、数字を入れながら具体的な話にした方が、いいでしょう。
更には、同じネタを連続させることも避けましょう。

いずれにしても、履歴書やエントリーシートは、面接官は、応募者の考え方を理解し、会社にふさわしい人間かどうかを判断するものです。

つまり会社に合わないと判断されれば採用されません。
全ての項目が、基本的には自己PRあるいは、自分という人間を知ってもらうための手段の一つだということを忘れてはいけません。

履歴書のどの項目も簡潔に意図が伝わるような書き方が重要!

履歴書はある程度形式的になってしまいますが、それでも、自己PRできる項目もあります。
簡潔に意図が伝わるように記入することを忘れないようにしましょう。

履歴書やエントリーシートの自由度の高い項目も、数をこなすうちに慣れてきます。
そして、面接官がどの部分に注目するかが分かってきます。
あえて面接官の注意をひき質問させる部分を作り出し、その部分をしっかり対応できるようにする、そうすれば印象もかなり良くなります。

このような駆け引きをしてみるのも醍醐味の一つです。
履歴書やエントリーシート一つで、その後の就活の結果を左右するのです。
なかでも履歴書は形式的な項目が多いため軽視しがちですが、単なる儀式的な通過点と考えず、自己PRできる数少ないチャンスのうちの1つとして大いに利用しましょう。