履歴書アピールポイント書き方の心得とは | 新卒就活.com

2016/09/12更新

履歴書アピールポイント書き方の心得とは

履歴書アピールポイント書き方の心得についてご紹介します。
履歴書は就活生にとって避けては通れない関門です。
履歴書アピールポイント書き方によって選考が左右される場合があります。
ですから履歴書アピールポイント書き方の心得をおさえて、採用担当者に好印象を抱いてもらえるような履歴書を作成しましょう。

履歴書アピールポイント書き方1,自分の強みを抽出する

man-814697_640
就職活動において、有利になることとして、学歴や留学経験などを挙げる方は多いですが、学歴や留学経験などを持っていたとしても、採用選考に落ちている方は多数いらっしゃいます。
なぜ採用選考に落ちるか、その理由は、企業側がその応募者を採用するメリットがわからないからです。
これは、あなたが実際にはその企業に入って活躍する能力を持っていても同じことで、非常にもったいないことです。
この履歴書アピールポイント書き方心得を参考にして、自分の強みを効率的にアピールできる応募者になってください。

~徹底した自己分析が重要!思いつかない場合はWeb適性テストを利用する~

強みがどうしても思いつかない場合は自己分析をしましょう。
就職活動をはじめた方にとって、まず直面する問題が自分の強みがわからないということ。
履歴書アピールポイント書き方心得としてはこういった方に、徹底した自己分析をおすすめしています。
自分が何をしているときに楽しいのか、どんなことが得意なのかを洗い出していく過程で、自分の強みというものはおのずと浮かび上がってきます。
どうしても思いつかない場合は、Web適性テストなどに頼る方法もあります。

履歴書アピールポイント書き方2,欠点は書かない

日本人は謙虚な人柄なのでしょうか、履歴書のアピールポイントに、自分の欠点を書く方がかなりおられます。
これは、履歴書アピールポイント書き方心得としては絶対にNGであると言わせてください。
履歴書アピールポイント書き方心得の考え方は、自分に不利になるこは絶対に履歴書に書かないということです。
同じことを書くのであれば、「おとなしい→慎重である」「落ち着きが無い→積極的である」など、ポジティブに変換した言葉を使いましょう。

~欠点はポジティヴな言葉に変換して使うこと!~

履歴書に自分の欠点を書くのはNGなのですが、厄介なのが面接で応募者の欠点を聞く採用担当者がいるということです。
この場合は、欠点を正直に話すより他にないのですが、その欠点を長所に変換して仕事で活かせるということを忘れずにアピールしましょう。

「おとなしい性格ですが周りのことによく気がつくので、自分がミスをしないのはもちろん、他人のミスにも気づけ、事故を未然に防ぐことができます」
「落ち着きが無いとよくいわれますが、私はこのことを活動的で積極的であるというふうに捉えています。持ち前の行動力で御社に貢献できます」

などといった形です。

履歴書アピールポイント書き方3,自身の強みを企業でどう活かせるかを記載

履歴書アピールポイント書き方心得として、いくら長所をアピールできても、その企業にとって役に立たなければ何の意味もないことも覚えておきましょう。
採用面接は、あくまでも、応募してきた人が自分の会社でどの程度、どんな風に活躍してくれるのかをジャッジする場。
強みをアピールするつもりが、ただの自慢になってしまってはいけません。
自分の強みを仕事にどう活かすかというところまで考えておくということを、履歴書アピールポイント書き方心得として覚えておいてください。

~企業の特色に合わせてアピールするポイントを変えてもOK!~

自己分析を真剣に行っている方であれば、自分の強みが複数、または多数出てくることも少なくありません。
一方、OB訪問やインターネット上の口コミなどで、その企業が望んでいる人材の傾向をつかめることがあるでしょう。
どの企業にも、同じ強みをアピールしないといけないなんていうルールはありません。
この企業にはこのアピール方法が響くと思ったら、企業に合わせてアピールする強みを変えて、より効果的にアピールしていきましょう。

履歴書アピールポイント書き方で重要なのは読みやすい文章!相手側を思いやる

採用担当者は、大量の履歴書を目にしています。
特に、新卒採用の時期は、これでもかという数の履歴書から、実際に会って面接する人を選別しているわけです。
履歴書の書き方がまずければ、応募者がどんな人でも、問答無用で次のステージに進むことはできません。

究極の履歴書アピールポイント書き方心得としては、何と言っても読む側のことを思いやるということです。
履歴書のフォーマットを選べる場合は、出来る限り見やすいフォーマットのものを選ぶ。
履歴書に書く文字は出来る限り丁寧に書く。
封筒に入れて履歴書を送る際の宛名の書き方なども見られています。

細かい部分ではありますが、読む側のことを思いやるという意識があれば、自然とできるようになることです。

ここで紹介した履歴書アピールポイント書き方心得に加え、こうした意識も身につけ、是非採用担当者との面接の機会を勝ち取ってください。”