履歴書作成フォームを使って書くコツとは | 新卒就活.com

2016/09/14更新

履歴書作成フォームを使って書くコツとは

就職活動が本格化すると、毎日のように履歴書を書きながら面接に行くことなります。就活において持ち駒の絶対量はある程度必要。そのため、いかに履歴書をスピーディに書き上げられるか、が重要となってきます。そこで今回はフォームテンプレートを使って効率よく履歴書作成する3つのコツを伝授します。

履歴書作成のコツ1,マイ履歴書フォームを作る

hot-air-balloons-439331_640

履歴書で要求される内容は、正直ほとんどの会社で同じで、「学生時代に頑張ったこと」、「自分の強み・弱み」などが挙げられます。
このような設問に対し、1回1回手入力をするのはとても愚かです。現代の履歴書はPCから入力する場合がほとんど。

~時間短縮のためにもマイ履歴書フォームは必須!!~

そのため、予め自分の「自己PR」や「学生時代の経験」を文字別(100字パターン、400字パターン、など)に「マイ履歴書フォーム」を用意をしておき、あとは履歴書作成時にそのフォームを使うだけ、でかなり時間短縮になります。
企業によって特殊な設問も中にはあるので、その際は作成したフォーム内の文書を修正したり追加したりするだけで、大体の土台は完成します。

履歴書作成のコツ2,先輩の履歴書フォームをもらう

就活をしていると、前年度に経験した大学の先輩からアドバイスをもらうこともあるはず。その際に、賢い先輩なら自分の過去の履歴書を残している人もいるはず。
上記のように、マイ履歴書フォームをデータで保存しておくことがいかに効率的か、先輩もきっと経験していると思います。

~細かい内容・エピソードを自分用に書きかえれば立派な履歴書の完成~

そこで、何とか先輩にお願いしてその履歴書をもらえれば、後は大枠を真似した上で、細かい内容やエピソードを自分用に書き換えるだけで、立派な履歴書となります。
特に狙い目なのが、「有名企業から内定を多くもらった先輩の履歴書フォーム」で、彼らの履歴書には選考を突破できるメソッドが凝縮されているため、ぜひ真似したいところです。

履歴書作成のコツ3,履歴書フォーム集を利用する

「自分で履歴書フォームを作るのは自信がないし、周りに優秀かつ履歴書を貰えそうな先輩がいない」という方へオススメなのが、ネット上に掲載されている就活経験者の履歴書フォームを参考にする、という選択肢。「就活 ES」などと検索すれば、過去の名も知らぬ先輩達の履歴書がたくさんヒットします。

~名だたる有名企業を突破した履歴書を参考にマイ履歴書フォームを作成!!~

当然、ネットに掲載されるくらいなので、名だたる有名企業の選考を突破した貴重な履歴書ばかり。
これらの履歴書の内容は、知らない人が書いた内容であるため、自分用にカスタマイズするのに時間がかかるのが難点ですが、大枠を参考にした上で、マイ履歴書フォームを作成すればかなり強い武器になります。

履歴書作成でフォームを使う3つのコツまとめ

以上3点が、履歴書をフォームを利用して賢く書くコツでした。
紙の履歴書に手書きで内容を書いていた時代とは異なる、今はネット上で履歴書を作成、提出するパターンがほとんど。だからこそ、このフォーム戦略を上手に活用することで、効率よく履歴書を作成し、本当に力を入れるべき面接に全力を注げるように、準備をしておくことが大切です!”