履歴書動機の書き方で重要なポイントとは | 新卒就活.com

2015/11/05更新

履歴書動機の書き方で重要なポイントとは

履歴書動機の書き方で重要なポイントについてご紹介します。
はじめに就活性にとって、履歴書の志望動機を書くということはかなり頭を悩ます困難なこととして、苦手意識を持っている方が多いようです。
そこで、履歴書動機の書き方について良くない事例や模範的な事例を判りやすくまとめます。

履歴書動機の書き方1,個性を出す

children-286239_640
履歴書には、必ず、志望動機を書く欄が設けてあります。志望動機は、採用担当者も、最も重要視して見る部分なので、細心の注意を払って書いていかなければいけない所です。履歴書動機の書き方として、ふさわしくないものは、次のような書き方です。

~漠然としすぎる内容はNG!独自性を出そう!~

「御社の理念や社風に魅力を感じたから」とか、「仕事にやりがいを感じたから」という内容では、漠然としすぎて、面接採用者の方に突っ込まれる要因になってしまいます。
このような内容では、独自性を感じない文章なので、履歴書動機の書き方としては、ふさわしくありません。

履歴書動機の書き方2,企業に合わせた内容を考える

履歴書動機の書き方で、何を書いて良いか判らない方がよくするミスとして、志望動機について、そのまま例文を映してしまうことです。
履歴書の書き方を参考にして、自分の言葉で書かないと、担当者の方は、大勢の就活生を見てきていますので、例題をそのまま書いたことにすぐに見抜いてしまいます。

~例文丸写しと志望動機の使い回しはNG!!~

魅力のない履歴書は、書類選考の時点で、不採用になるので、注意が必要です。
また、履歴書動機の書き方で、もう1つの絶対にしてはいけないミスは、同じ内容の動機を他社で、使い回すことです。
やはり、履歴書の内容にオルジナリティーがなくなりますし、この会社にどうしても入社したい、と言った強い思いが伝わらないため、志望動機の使い回しは、絶対に避けて、1回1回、その会社に合わせた内容を考えて丁寧に書いていく必要があります。

履歴書動機の書き方3,簡潔にわかりやすく書く

履歴書動機の書き方で重要な志望動機の欄は、採用担当者が最も注目する所なので、履歴書の中で自己PRと考えましょう。
的確な言葉で、表現することが重要です。
ビジネス本などの履歴書動機の書き方を参考にして、自分自身の表現で気持ちを込めて書いていくようにします。

~回りくどい表現や言いまわしはNG!伝わりやすい文章を心掛ける~

気持ちの籠った文章であれば、履歴書動機の書き方として、正しい内容です。
ただ、回りくどい表現や難しすぎる言葉は避けて、簡潔で伝わりやすい内容にまとめます。

履歴書動機の書き方で重要なのは入社への意気込みをアピールすること!

最後に履歴書動機の書き方で心がけたいことは、この会社に入って自分も戦力になりたい、または、戦力になる意志を持っている、という意気込みをアピールできる内容にします。
会社の一員として、熱い気持ちで仕事に参加していくという意気込みが重要になってきます。
他のライバルである、就活生よりも抜きんでたプラスアルファーがあるということを伝えなければいけません。
そのために、履歴書の志望動機の欄に自分の思いを書いていくのです。