履歴書志望動機の書き方例文と作成ポイント | 新卒就活.com

2016/09/14更新

履歴書志望動機の書き方例文と作成ポイント

履歴書志望動機の書き方例文と作成ポイントについてご紹介します。
履歴書は新卒・第二新卒・中途にかかわらず、就職活動する人は必ず企業に提出する重要な書類です。
ですから、履歴書志望動機の書き方例文を参考に、魅力的な履歴書を作成していきましょう。

履歴書志望動機の書き方例文1,共感する部分をみつける

8cced6d37bf213628ee19281ad0cde7b_s

就職活動を進めていく上で必ず必要になるのが履歴書の志望動機です。しかしこの志望動機の書き方でつまずく人も多いでしょう。
そこで今回は履歴書志望動機の書き方例文を紹介しつつ、その解説を行っていきたいと思います。

・まず志望動機の基本的な書き方は、応募企業の事業内容や経営理念といった自分が共感できる部分を述べます。
・そして次に自分の過去の経験と共感できる部分とをつなぎあわせます。
・そして最後に自分の強みを軽く述べ、いかに企業に共感できるかを述べます。

これが基本的な志望動機の作り方です。
事項では履歴書志望動機の書き方例文をご紹介します。

履歴書志望動機の書き方例文2,例文を参考にする

以下が履歴書志望動機の書き方例文です。

私は御社の商品の開発から販売に至るまで、全てにおいて顧客目線を徹底ている点に共感しました。
なぜなら私自身アルバイトを通して、売り上げを伸ばすためには顧客満足度を上げることが重要と感じたからです。
アルバイトでは顧客満足度を上げるために、接客スタイルの見直しや、顧客それぞれに合った商品提案を心がけ、売り上げ前年比10%増に貢献しました。
この顧客のニーズを捉え顧客満足度を上げるために戦略を打ち立てる力は、御社の顧客開拓事業に発揮できると確信し、志望させて頂きました。

以上が履歴書志望動機の書き方例文となります。

履歴書志望動機の書き方例文2,信憑性をもたせる

“ここでは前項での履歴書志望動機の書き方例文を解説します。

まず例文でははじめに自分が企業に対し共感したことを述べています。
そして次に自分の過去の経験とつなぎあわせていることで、共感したポイントに信憑性を持たせています。
この過去の経験に関してはアルバイトや部活等なんでも構いません。

~具体的なエピソードを用意する!~

話に具体性を持たせることが大切です。
そして自分がそのとき取り組んだことを具体的に述べ、自分の強みを軽くアピールしてからいかに企業に貢献できるかを述べています。
こうすることにより、採用担当へ印象をあたえることができるでしょう。
前項の履歴書志望動機の書き方例文をもとに、自分に合った志望動機を作りましょう。

履歴書志望動機の書き方例文丸写しはNG!

いかがでしょうか?今回は履歴書志望動機の書き方例文をもとに作り方をご紹介しました。
注意してほしいのが、今回ご紹介した履歴書志望動機の書き方例文を丸写しするのはNGです!
企業によりそれぞれ特色はあり、さらに自分の言葉で自分が思ったことを書かなければ後々自分の首をしめることになります。

今回ご紹介したポイントをしっかりとおさえて志望動機を作れば、さほど難しいものではありません。
まずは企業研究をしっかりとし、そのあとは自分の過去の経験で志望動機にいかせるものを探しましょう。
時間をかけてじっくり考え、受かる志望動機を考えてください。