履歴書自己PRサンプルの活用法3選 | 新卒就活.com

2016/09/12更新

履歴書自己PRサンプルの活用法3選

履歴書自己PRサンプルの活用法3選についてご紹介します。
就活生なら誰しもが一度は書く履歴書。
そして自己PR。
なかなか書くのに戸惑ってしまう学生さんも多いのでは?
そんな方々にオススメしたいのが、履歴書自己PRサンプルを活用した書き方です。

履歴書自己PRサンプルの活用法1,書き方の基本を学ぶ

toddler-878746_640

履歴書の自己PRの書き方の基本はどのようなものでしょうか。
自己PRは、自分の長所や強みをPRする場です。たいていの場合失敗するのは、まず何が強みかわからない。
それが、我社にどう役立つのかわからない。というものです。
この原因を作っているのが、読み手を意識した自己PRが出来ていないということです。

自己PRは確かに自分のオリジナルの内容を書くものです。
でも、基本を押さえておかないと相手に伝わらない文章で終わってしまいます。
必要なのは、履歴書自己PRサンプルのスタイルを観察してまねることです。
よくよく見て下さい。どの自己PRのサンプルも大抵、結論から入っていませんか。

~履歴書自己PRサンプルを参考に結論から始めること!~

「自分の強みは○○です」といった感じの表現から入っているはずです。
これは基本です。相手に何が強みなのか一目でわかっていただくためです。
加えて、応募先が事務職の会社なのに、アルバイトの経験から、「接客が好きで得意になりました」といった強みを出してくる人がいます。これもNGです。どの履歴書自己PRサンプルも応募先に合わせた強みを表現していることを観察して下さい。大切なのは、その強みがどのように貴社に貢献出来るかなのです。

履歴書自己PRサンプル活用法2,抽象表現の置き換え

履歴書の自己PR作成の際、どうしても抽象表現を羅列して、PRしようとする人がいます。
とりわけNGなのは、○○的とか○○性といった言葉です。例えば、「わたしは積極的な人間です」とか「私は計画性のあるところが強みです」と言った感じです。
でも、考えてみて下さい。この表現で、その人の性格性質がどのような雰囲気で、どのような空気感を持つ人なのか本当に分かるでしょうか。
綺麗にまとまった言葉でも、採用担当者にすれば、何となくぼんやりした印象しか残らず、あれ?どんな子だったっけ?となるのです。

~抽象表現は履歴書自己PRサンプルを参考に置き換えをて考える~

では○○的や○○性という言葉はどうしたら良いのでしょうか。もう少し分かりやすく、自分という人を印象深くとらえてもらえるようにしましょう。
でも何と表現したら良いか分からないでしょう。そのためにサンプルがあるのです。サンプルの気になる言葉を拾い集めるのです。
例えば、「物事に進んで取り組む強みがあります」という表現があるなら、積極的に変わる表現だなと考えるのです。ぜひ、履歴書自己PRサンプルをフル活用して、抽象表現を置き換えて行きましょう。

履歴書自己PRサンプル活用法3,接続詞の使い方

“履歴書の自己PR欄で気をつけたい細かな点は何でしょうか。
「私は」を頻発ささないことです。
これは意外な点です。でも、短い自己PR欄に、「私の強みは〜です」「私は〜をしていました」「私は〜の経験があります」「私は〜と感じます」「私は〜」とあったらどう感じるでしょうか。くどいです。ぜひ細かな点ですが気をつけたい点です。

~「私は」の多用はNG!!履歴書自己PRサンプルを研究すること~

では、私はをあまり使わないためにはどうしたら良いでしょうか。サンプルを研究することです。
履歴書自己PRサンプルでは、「私は」を全く用いていないものや、1,2回用いているものの、後は接続詞を多彩に使って全体の調和を図っているものがあります。サンプルを良く調べ、ぜひ注目してみましょう。

履歴書自己SPIサンプルは引き出しの宝庫!活用しないと損!

履歴書の自己SPI程、何を書いていいかわからない、書くようなものは全くないと感じるものです。
そして、皆が皆、綺麗にあたりさわりのない自己SPIを書こうと考え、全くSPIになっていない、何の印象も残らない自己SPIを書くようになります。
受験社会では確かにあたりさわりのない模範解答を求められましたが、就職活動はそうではないのです。
自分のオリジナルをアピールすることが重要なのです。

その点で役立つのが履歴書自己SPIサンプルです。
この履歴書自己SPIサンプルをいかに活用しつつ、良い所を使いながらオリジナルの文を書けるかが大きな鍵です。
是非、自分を最大限アピールして行きましょう。