平均ボーナスはどれくらい?公務員と民間企業それぞれの金額 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

平均ボーナスはどれくらい?公務員と民間企業それぞれの金額

平均ボーナスはどれくらい?公務員と民間企業それぞれの金額をご紹介します。
ボーナス時期になると、他人がもらっているボーナスの金額が気になるのではないでしょうか。
自分が貰う金額は、平均より少ないのか多いのか。どうしても知りたくなるものです。以下で一般企業の平均ボーナスをみていきましょう。

公務員の平均ボーナス額は?

money-549161_960_720
公務員というと、どうしても給料やボーナスが高いという印象があるのではないでしょうか。
実際に公務員が支給された2014年の夏の平均ボーナスの額は、実は60万円代後半だと言われています。
さらに管理職はこれ以上高いので、一般の民間企業に比べてもかなり高い傾向にあるのです。

●夏の平均ボーナスでいうと60万円程支給されている

ただひとくちに公務員といっても、いろいろな種類に分かれます。
国家公務員の場合もありますし、地方公務員の場合もありますし、役職者と新人社員でも、ボーナスに差が出て来ると言えます。
このように、公務員の平均ボーナスの目安は、夏の賞与でいうと60万円強になりますが、立場によって支給額に違いが出てくると、理解しておくとよいのではないでしょうか。

民間企業の平均ボーナス額は?

いっぽうで、一般の民間企業の平均ボーナス額はいくらになるのでしょうか。
価格コムのWebアンケートによると、民間の夏のボーナスの平均は54,4万円という結果になっています。
公務員の平均ボーナス額が60万円後半ですので、やはり公務員のほうが賞与の額は高いと言えます。

●成果報酬制の企業もあるのでボーナスだけでは評価できない!

ただ民間企業といっても、知名度抜群の大企業からできたばかりの新しい会社までいろいろな企業があるのです。
実際に公務員のボーナスをはるかに超える額の賞与が支給される会社もありますね。
またボーナス自体は少ないものの、毎月の給料が成果報酬制になっていて、高額のインセンティブをもらえる給与体系のところもあるので、ボーナスだけみて待遇を評価することはできないと言えます。

平均ボーナスからみる男女の格差

男性と女性では、やはりボーナス額に差があるようです。
一般の民間の平均ボーナスの値を見ると、2012年の夏のボーナスが男性平均56万円、女性平均40万円で16万円の開きがあることがわかりました。
ただ、翌年の2013年の夏のボーナスは、男性55,3万円、女性は44万円ということになっています。

●女性と男性のボーナスの差が徐々になくなりつつある

11,3万円という差はあるものの、前の年よりも女性のボーナス額は上がって、男性のボーナス額が下がっているという結果になりました。
このことからも、少しすつ男女のボーナスの差は埋まってくる傾向があると予想されるのではないでしょうか。
ほかにも年代によって、平均ボーナス額に差が出てきくる傾向が見られます。
男女とも40代〜50代が一番高額のボーナスをもらっています。

民間の平均ボーナスは公務員に比べると少額だが成果報酬制もあるので一概には言えない

職種や男女別の平均ボーナス事情は、以上のようになります。
自分と回りの稼ぎを比べる材料の一つとなるでしょう。
しかし、あくまでもデータの平均値ですので、自分の数値と比較しすぎて神経質になりすぎないようにしてください。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆