年俸制でボーナスを受け取るメリット・デメリット | 新卒就活.com

2015/12/16更新

年俸制でボーナスを受け取るメリット・デメリット

年俸制でボーナスを受け取るメリット・デメリットををご紹介します。
一般的に企業に雇用されて働く場合、月給制がほとんどですが、中には年俸制で働くといった雇用形態も存在しており、月給制とはボーナスの支払いに関しても全く異なります。
月給制の違いから年俸制で働くメリット・デメリットを考えてみましょう。

年俸制でボーナスを受け取るメリット・デメリット

background-20126_960_720

まず年俸制と月給制の違いを考えた場合、年俸制の場合は一年間で支給される給与の合計額があらかじめ決まっている点が月給制とは大きく異なります。
一般的な月給制の場合には、残業などを行なえばそれだけ支払われる給与の額が大きくなりますし、ボーナスに関しても企業の業績によって支給される金額が上下する場合もあると言えます。

●年俸制の場合は一年間で支給される給与の合計額があらかじめ決まっている

そのため、毎年支給される給与やボーナスの金額に大きな差が生じることになります。
年俸制の場合は働く前からもらえる給与などの合計金額が決まっているため、会社の業績に関わらず支払われる給与やボーナスは常に一定で景気などに左右されないと言う点が全く月給制とは異なる点だと言えます。
そのため年俸制は考え方によれば安定している働き方だともいえます。

年俸制でボーナスを受け取るメリット

年俸制のメリットを考えた場合、まず言えるのがどのような状況になってもボーナスに全く影響が出ないと言う点がメリットと言えます。
月給制の場合、ボーナスの支給に関しては必ず査定が行なわれることになりますし、勤務日数もボーナス支給に大きな影響を与えることになります。そのため自分では意図していない場合でも怪我や病気で出勤率が下がればそれはボーナスの金額に大きな影響をあたえてしまい、ボーナスの支給額が減ることになります。

●支給される金額が決まっているため給与やボーナスが減るリスクがない!

しかし年俸制の場合はあらかじめ支給される金額が決まっているため、怪我や病気などで長期離脱し仕事が出来ない場合でも、給与やボーナスの金額には全く影響が出ないと言うことになります。
そう考えた場合には年俸制という働き方は非常に安定性が高く、給与やボーナスが減るということを考える必要がないためメリットが大きい雇用形態だと言えます。

年俸制でボーナスを受け取るデメリット

では年俸制にはデメリットはあるのでしょうか。
これは年俸制ならではのデメリットと言え、年俸制の場合いくら頑張って働いた場合でも支払われる給与やボーナスが最初から決まっているため、残業をしても会社の業績が向上しても自分が会社の利益となる素晴らしい働きをしたとしても、それらは一切給与やボーナスには反映されないと言うことになります。

●いくら成果を出してもボーナスの金額は上がらない!

そのため支払われる給与が一定で、ボーナスの支給も安定しているというメリットの裏側には、いくら頑張ってもそれ以上の収入は得られない、ボーナスにも頑張りは一切反映されないといったモチベーションの低下が考えられると言えます。
そのため年俸制は向上心のある人にとっては非常に歯がゆい雇用形態だと言えますし、逆に安定性を求める人にとっては一年間は何があっても給与もボーナスも支給されるため安心して働くことが出来る雇用形態といえます。
年俸制にはメリットもデメリットもあるので、特に頑張ってボーナスを多く貰いたい人には不向きなものかもしれません。

年俸制は支給される給与が決まっているため業績が上がってもボーナスの金額は変わらない

年俸制にはメリットとデメリットが混在していることを正しく理解することが必要となりますし、月給制との違いもきちんと知ることが重要となります。
そのため年俸制で働く場合にはボーナスの支給も変動が無いと言うことをしっかりと分かった上で年俸制を承諾する必要があるでしょう。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆