年収の定義とはボーナスを含めるのかどうか | 新卒就活.com

2015/12/16更新

年収の定義とはボーナスを含めるのかどうか

年収とは、毎月の給料にボーナスを加えた収入を指すのでしょうか?それとも含まれな金額なのでしょうか。
ボーナスは支給義務がないものですが、そこには会社側の都合や社員にとっての利益など様々な要因が絡むものとなります。
まずは年収とボーナスの関係を知ることが大切です。

年収とはボーナスを含めた金額

treasure-chest-619876_960_720
ボーナスと聞くと、特別に支給されるご褒美のように解釈されることもありますが、正確には賃金だという認識を持ってください。
毎月の給料とボーナスを加えた額が、ボーナス無しで毎月の給料を増やした形となるケースもあるものです。
実はここには様々な思惑が内在することになります。

●年収とはボーナスの有無で手取り金額が変わる

毎月の給料からは、保険料や年金などの社会保険が天引きされます。
これは4月から6月の平均給与wおすを元に算出されますが、それに対してボーナスの社会保険は別に算出されます。
実はボーナスを毎月の給料に振り分けると、社会保険料が少なくなるのです。
もちろん、その分将来受け取る年金も少し額は減ることにはなりますが、手取りの賃金は増えます。
つまり年収とは、ボーナスの有無で手取り金額が変わるわけです。

年収とはボーナスを受け取れるか否かで関わってくる

年収とはボーナスの有無で変わることがわかります。
ボーナスはあくまでも査定期間における成果などに応じて支給されることになるもので、その受け取りは後になるわけです。
実はここに、ひとつの課題が潜んでいることになります。それは、退職時にわかるようになります。

●自己都合による退職ではボーナスは支給されない!

ボーナスの支給日に退職している場合、たとえ査定期間にどれほどの成果を出していても支給されないケースがあります。
それは、自己都合により退職した場合です。
会社都合の解雇であれば別ですが、ボーナス無しで毎月給料を貰う場合には起きない事態です。
つまり年収とはボーナスを受け取れるか否かが大きく関わるものなのです。その点も考慮して、あえてボーナスを支給しない会社もあります。

年収とはボーナスによる良い影響も受ける

とはいえ、成果に対する報酬という意味合いを持つボーナスは、仕事をする上でのモチベーションを生み出すことにもなります。
毎月の給料が安定しているのも良いのですが、このメリハリが大きな成果を生むことにもつながります。
つまり年収とはボーナスによる良い影響も受けることになるわけです。

●ボーナスの存在が仕事に対するモチベーションを高める!

ボーナスの存在が、仕事に対するモチベーションを高めることはわかります。
けれどもそれが誰に対しても有効に働くとは限らないものです。
ボーナスの分を毎月の給料に分散させることで、安心感を持って仕事に取り組める人も中にはいるわけです。
このように年収とは、人によってボーナスの存在により安心して貰えるものか否かが決まるものとなります。

年収とは毎月の給料とボーナスとを加算したもの!

年収とは、人によってボーナスの存在により安心して貰えるものか否かが決まるものとなります。
年収とは毎月の給料とボーナスとを加算したものとなります。
ただし、ボーナスをなくして毎月の給料に組み込むケースもあります。
そしてそのどちらの形態であればより良い仕事ができるかは人によって異なるものでもあり、その結果が年収の増減にもつながるものとなります。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆