役員面接・最終面接に出る質問に就活生が完璧に答えるための対策と例 | 新卒就活.com

2016/09/20更新

役員面接・最終面接に出る質問に就活生が完璧に答えるための対策と例

役員面接・最終面接直前に就活生が押さえたい3つのポイントをお教えします。
役員面接・最終面接で落ちるのはより辛いですよね。
最終面接・役員面接ではどんな点が就活生にとって大切なのか、そのポイントをまとめました。
就活で役員面接・最終面接でいつも落ちる方は必見です。

役員面接・最終面接とは何か

social-200288_1280 (2)
役員面接と言えば、基本的には最終面接のことを指します。
最終面接は意思確認、顔合わせ程度という意見も聞きます。
極めて多忙な役員クラスの方々がわざわざ時間を割くのですから、当然、単なる顔合わせという位置づけでは行われません。
また、現場レベルの社員が担当する面接と違い、聞かれる内容も価値観に踏みこんだものなど、抽象的な内容の質問が多くなってきます。
今回は役員面接の中でも、絶対に押さえておきたい基本的な3つのポイントについて説明していきます。

役員面接・最終面接では入社意欲と熱意を見らている

最終面接にたどり着いた就活生は遜色はそこまでないものです。そのため、役員面接・最終面接を突破するためには、入社意欲や熱意が合否に関わってきます。
企業側としても、第三志望者より第一志望者に内定を出したいものです。第一志望者であれば、ちょっとやそっとでは退職しませんし、会社のために尽力してくれるため、内定が出やすいです。
そのため、他の人よりも働きたい気持ちを前面に出せるようにしておくといいでしょう。

ビジョンのマッチ度なども重要な判断材料に

熱意や入社意欲だけが、役員面接・最終面接での判断材料になるわけではありません。他にも会社のこれからのビジョンと就活生がやりたいと思っているビジョンが重なり合っているかどうかも見られています。
働くということは、学生時代とは異なり、自分がやりたいことだけをできるわけではありません。時にはしたくない仕事もしなくてはならないものです。そんな時にくじけずにやり遂げられる人物は、会社のビジョンと似ている人です。

やりたいことから離れても、この作業はいつかこの作業に活かせるなど、将来のビジョンとつなげて考えられると、仕事の意味も自然に見出せるようになるものです。

役員面接・最終面接の形式

book-690340_960_720

まず1つ目は、役員面接・最終面接の形式、まず人数構成についてです。
一般的には、就活生1人に対して面接官1〜3人といった形で行われます。
役員面接・最終面接の形式は個人面接と思ってまず問題ないですが、中にはグループ面接で行う企業もあります。その場合は、就活生側が5〜8人程度と大人数であることが多いです。
大手企業の役員面接・最終面接で取締役クラスが担当する際、時間的な都合からこうした形式で行われることもあるようです。

役員面接・最終面接の担当者は高い地位の人が出てくる

次に役員面接・最終面接の担当者です。
これは大手企業とベンチャー企業によって傾向が変わります。
大手企業では、人事部長クラスと現場監督者クラスといったケースが多いです。
取締役以上の方が出てこないことも普通にあります。その場合、現場レベルの質問が多くなり、それまでの面接の延長線上に位置づけることもできます。
役員面接・最終面接で対策すべきことも、そこまで大きくは変わりません。

社長が出てくることが一般的

逆にベンチャー企業では、基本的には社長が個人で担当します。
取締役以上全員が並ぶケースや、役員全員と個別に面接したりするケースも多いです。
ただ、ほぼ例外なく役員面接・最終面接で社長が登場します。役員面接・最終面接は、今までの面接とは違うものだということを念頭に置いておきましょう。

役員面接・最終面接の重要な事前準備

notebook-1209921_960_720

役員面接・最終面接も二次面接同様やれば、大丈夫と思いがちですが、それではいけません。今までと格が違う人が面接官として登場するためです。その人たちに認めてもらえないと合格はありえません。
認めてもらうためには、今までよりバージョンアップしておかなければなりません。そのため、再度事前準備が必要になってきます。

志望動機を進化させる

志望動機は、どんどん変化させていきましょう。面接ごとに逆質問をしたりしていると思います。その都度、企業への理解が深まっているものです。それを使うのです。それを使うことで、この就活生は理解を深めるために常に前進してきたのだと言葉にしなくても伝わるでしょう。
言葉にしなくても、相手に評価してもらえることをさりげなく入れていくのが最終面接です。

最終面接官に出てきそうな人の経歴を把握しておく

役員面接・最終面接では、会社の創造主である社長や役員などが面接官として出てくる可能性が高いです。そのため、社長の経歴を知っておくといいでしょう。苦労人なのか、順調にことを成し遂げてきたのかなど、経歴をみると分かる時があります。

また、どのような思考の持ち主なのか、その人の核を知っておくと心をつかむ話をすることができます。考えを知るためには、インタビュー記事があればそれを読んだりするといいでしょう。あとは会社概要に載せられている挨拶の言葉なども参考にできます。
現在は、SNSも普及しているため、閲覧してみるのもいいかもしれません。

役員面接・最終面接での挨拶