志望の動機を面接官に効果的に伝える方法 | 新卒就活.com

2016/08/29更新

志望の動機を面接官に効果的に伝える方法

志望の動機を面接官に効果的に伝える方法をお教えします。

なかなかうまく伝えるのが難しい、企業への志望の動機。

採用担当者に効果的に志望の動機を伝えるにはどうしたら良いのか、悩む就活生も多いはずです。

効果的に伝える事が出来れば、今後、プレゼンをする機会があっても自信を持って臨めるでしょうね。

志望の動機は面接で必ず聞かれる

building-562879_640
志望の動機は面接では必ず聞かれる質問です。

履歴書などにも志望の動機を記載しますが、面接時にはより詳細に伝えることが必要です。

採用する企業にとっては、この人が会社にとってどんな働きをしてくれるのかを見ています。
それが採用する企業にとって必要としている人材であれば、採用になる可能性は非常に高くなるでしょう。

◆志望の動機では会社がどんな人材を求めているのか・何をしたいのかをアピールしよう◆

志望の動機はこの会社でどんな人材を求めていて、自分はその中で何ができるのか、または何をやってい
きたいのかをアピールすることが必要です。

理想は自分が会社に入ることによって、双方が成長していけることです。

どちらかが犠牲になるような働き方では、会社や社員が成長していくのは難しいかもしれません。

面接を通していろいろなことを観察することも大切です。

志望の動機では会社に貢献できる自分をアピールするのがマスト!!

今問題になっているブラック企業に就職しないためにも、面接でも受け身ではなく、どんな会社なのかを自分の目で確かめるようにしましょう。

もし採用が決まっても、不信感を抱くような企業は早めに辞退することも大切です。

志望の動機が個人の都合だけで、会社の貢献が感じられない場合は良い印象は与えません。

会社の仕事内容よりも、給与などの待遇面や、立地場所だけの志望の動機も良くありません。

◆会社に育てて貰うという学生気分は卒業しよう!どんな働き方をするかを具体的にアピール◆

会社の育ててもらうというような学生気分のような依存型の志望の動機も良くない印象を与えてしまいます。
学生気分は社会に出たら完全に卒業しましょう。

会社は仕事をして収入を得るところです。
いくら新人とはいえ、利益の出る働き方をしなければ、会社にとっては損害になってしまいかねません。

会社に育てて貰うという学生気分は卒業し、どんな働き方をするかを具体的にアピールするのが肝心です。

応募企業の事をきちんと調べて話せるレベルまで知識を蓄え志望の動機を話す

志望の動機を詳細に伝えるためには、応募する企業の業務内容や応募している仕事がどんなものなのかを事前に調べておく必要があります。

応募する企業の内容をよく知らないままでは、面接では当然上手く志望の動機を説明することはできないでしょう。

面接官がこの人は本当にこの会社に入りたいと思っているのか、と首を傾げられるような発言は控えるようにしましょう。

◆どんな面接官にも高飛車にならずに自分をしっかり持って説明する事◆

中には自分の学歴や今までのキャリアなどを自慢げに並びたてて、上から目線で面接に来る人もいますが、当然このような態度はNGです。

法律上では労使間の立場は対等です。

高飛車にならずに、かと言って卑屈にならずに、自分をしっかりと持っていることが大切です。

自分が会社に入ったら、どんなことをして会社に貢献できるか、また自分はどのように成長していきたいかをきちんと説明できることが必要です。

志望の動機は自分の言葉で会社にどう貢献出来るのか伝えるのが大事!!

志望の動機は自分の言葉で会社にどう貢献出来るのか伝えるのが大事です。

そのためにも、事前に応募する企業の業務内容や、募集する仕事の内容を調べておくことが大事です。

その中で、自分はどのように会社に貢献できて、成長していきたいのかを簡潔に分かりやすく面接官に伝えることが必要です。

志望の動機はありきたりのマニュアル通りに伝えても、自分の意思は伝わりません。

自らの本心を言葉に表して、その気持ちを素直に伝えましょう。