志望動機をエントリーシートに書く時のポイント | 新卒就活.com

2016/09/12更新

志望動機をエントリーシートに書く時のポイント

志望動機をエントリーシートに書く時のポイントをお教えします。
志望動機はどのようにすれば上手く記載することができるでしょうか。
今後の就職活動を遊離に進めるためには志望動機の作成法を押さえておきましょうね。エントリーシートへの記載の仕方は就活生は必見でしょう。

エントリーシートの志望動機から採用担当は何を判断するか

connect-20333_640

就職活動において企業に挑む第一歩であるエントリーシートですが、この中の志望動機は非常に重要なものとなってきます。
このエントリーシートの志望動機で採用担当に好印象を与えるには、まず採用担当が志望動機を通して何を見ているのか?を知る必要があるでしょう。
まず採用担当が新卒者に求めるのは、「将来企業に貢献してくれること」です。

~企業へ貢献できるか・入社への意欲も判断される~

そして新卒者が将来企業に貢献できるかどうかは、企業への意欲を見て判断されます。
そのため志望動機を書く上で大切なのは、いかに企業への意欲を見せるかにかかっています。
自分は即戦力になれる!なんてアピールをする必要はありません。

志望動機のNG例である企業説明型志望動機とは

最近エントリーシートに書く志望動機で非常に多く見受けられるのが、企業説明型志望動機と呼ばれるものです。
これは企業説明会や自分が調べた情報をもとにて、企業のこんなところに共感した!こんな事業に感動した!というような内容の志望動機です。
一見普通の志望動機に思えますが、これではなぜその企業を志望したのかがまったく伝わらないのです。

~志望動機にはあなた自身のことについても記載すること~

なぜならそこには、あなた自身のことが含まれていないためです。
企業への意欲が伝わる志望動機というのは、まず自分が何はこれがしたい!そして御社ならそれが実現できる!だから御社を志望しましたというものです。
エントリーシートに志望動機を書くとき、企業説明型にならないように気をつけましょう。

志望動機の書き方の例文を紹介

以下にエントリーシートに書く志望動機の書き方の例文をご紹介します。

私は大学2回生の頃より、バックパッカーとして東南アジアを何カ国か旅しました。
そこで私は東南アジアマーケットの大きさを目の当たりにし、そこではやはり日本製品がマーケットを牽引していることを感じました。
それらの旅を経て、次第にこの巨大なマーケットで仕事ができたらと思うようになりました。
御社を志望した理由は、そんな東南アジアマーケットへの進出を経営計画しており、これから東南アジアと戦一員として私も御社で働きたいと思ったからです。

エントリーシートに記載する志望動機はどのように貢献できるかを記すこと

今回はエントリーシートに書く志望動機はどのようにして書いたらいいのかを、例文を交えてご紹介しました。
例文を見てみるとはじめにしっかりと自分はどんなことがしたいのかを述べています。
ただ企業のこんなところに共感したではなく、自分の主体の志望動機にすることで企業への意欲がしっかりと伝わります。

そのためまずは自分がやりたいことをしっかりと見つけることが、志望動機を書く上で大切です。
長い時間をかけて自分自身との対話を繰り返し、自己分析をして自分が何をしたいのか?を考えましょう。
今回ご紹介したポイントをしっかりとおさえて、受かるエントリーシートを書いてください。