志望動機を履歴書に書く時のポイント | 新卒就活.com

2016/09/12更新

志望動機を履歴書に書く時のポイント

志望動機を履歴書に書く時のポイントをお教えします。
志望動機はどうすれば履歴書に効果的に記載することができるのでしょうか。効果的な志望動機の書き方についてお教えします。
今後の就職活動を有利に進めるためにも、志望動機の履歴書への書き方はぜひ押さえておきましょう。

志望動機は履歴書にどう書けばいいか

person-812796_1280

就職活動を進めていく中で必ず書くことになるのが、履歴書の志望動機ですが。この志望動機に頭を悩ませる就職活動生も多いのではないでしょうか?
明確にやりたいことが決まっている人でも、志望動機の書き方ひとつで採用担当からの評価は変わってます。

そこで今回は、履歴書における志望動機の書き方を例文をもとにして学びましょう。

~自分がいかにその企業に貢献できるのかをアピール~

まず例文を紹介する前に、志望動機はなぜその企業を志望するかだけでなく。
自分がいかに企業に貢献できるかを述べる必要があります。
採用担当はあなたの企業への意欲と、自社で何ができるのかを判断しているのです。

履歴書に記載する志望動機の例文

以下に履歴書における志望動機の書き方例文を紹介します。

私はアルバイト経験を通じて、売り上げを上げるためには顧客満足度を上げることが大切ということを学びました。
そして御社では商品の開発から販売に至るまで、全ての過程において顧客目線を心がけているという経営理念に共感いたしました。
アルバイトでは顧客のニーズを瞬時にキャッチし、顧客によって販売スタイルと変えるという戦略で半年間売り上げ1位を獲得することに成功しました。
この顧客のニーズをキャッチする力を、御社の新規顧客開拓に活かせればと思い志望しました。

志望動機の書き方の例文解説

前項で紹介した履歴書における志望動機の例文を解説していきます。

まず例文では、自分がどんなことを今まで感じてきたのかを述べ、それを企業の共感した部分につなぎ合わせています。
過去の経験を具体的に出すことにより、志望動機に信憑性をもたせることができます。
その次に自分がその過去の経験の中で取り組んだことを述べています。
そして最後に自分の強みがいかに企業へと貢献できるのかを述べるのです。

~採用担当者は即戦力ではなく将来性を重視している~

採用担当は就活生がいかに即戦力になるかではなく、将来性を重視して見ています。
しかし自ら企業に貢献できるということをアピールすることで、仕事に対する意欲を伝えることができるのです。
これが履歴書における志望動機の書き方の基本となります。

~中身のない志望動機はNG~

履歴書における志望動機でしてはいけないのが、共感した!や感動した!といった熱意だけで押し切ろうとする志望動機です。
具体的に企業の事業内容に触れないと、中身のない志望動機とみなされ書類選考を通過するのは難しいでしょう。
しっかりと企業の事業内容を研究することが大切です。

志望動機を履歴書に書く時のポイントは企業への貢献度をアピールすること

いかがでしょうか?今回は履歴書における志望動機の書き方を、例文をもとにご紹介しました。
志望動機を書く上で大切なのは、しっかりとポイントをおさえて書くことです。
まずは自分の過去の経験を振り返り、例文をもとにして志望動機の作成にあたってください。