志望動機を未経験前提でアピールするコツと例文 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

志望動機を未経験前提でアピールするコツと例文

志望動機を書く際の、志望する業界が未経験だった場合のアピールのコツと例文をまとめています。
新卒、第二新卒問わず、未経験といえどもいくらでもアピールのしようはあります。
まずは今自分が持っているスキルを見返し、かつ例文を参考に志望動機を考えましょう。

未経験者における志望動機アピール術とは?

men-102441_640

志望動機を書く際、望んでいる企業が未経験の業界だった場合は当然書き方に困ります。
しかし未経験だからと進みたい道をあきらめてしまうのはもったいないです。
未経験には未経験なりの志望動機があるのです。
まずはどんな業界でも共通して使える志望動機の書き方を、例文を交えて見ていきましょう。

【意欲と前向きな姿勢でアピールする例文】

子どもの頃から憧れていたアニメやゲームに携わる業界で働きたい、と考え転職を決意しました。
貴社の募集要項を拝見させていただき、WEBコンテンツから世界中に文化を発信する、最先端の企業理念や就業環境に対する真摯な姿勢を感じ、ぜひ現場で働きたいと思い、応募させていただいた次第です。
未経験によりご迷惑をおかけすることも多々あるかと存じますが、新しいことを積極的に吸収し、意欲的に取り組む所存なので、何卒宜しくお願いいたします。

~意欲とやる気で勢いをつける~

上記の志望動機例文のように、未経験だからこそ『新しいことに挑戦する』『意欲的に取り組んでいく』といった前向きな姿勢をアピールすることは重要です。
未経験だからと萎縮したりせずに、例文のようにあえて強みになるような志望動機の書き方をするように心がけていきましょう。

過去の経験から志望動機でアピールするには

また、もうひとつのアピールの方法として、過去の経験をうまく言い回して志望動機とする書き方もあります。たとえば、電気工事士からIT企業に転職をする場合、一見して共通するようなスキルはないように思えます。しかし、ここで職長の経験があったならば、『管理能力』『教育経験』をアピールすることが可能となります。

【前職の経験をアピールする例文】

前職の4年間は、人事・教育を含め、管理能力を鍛え上げることのできた貴重な期間でした。
今後は、今までの経験に貴社での専門知識をさらに加え、より深くより多くの業務をこなしていき、スキルアップを図っていきたいと考えています。
徳島県の代表的な企業の一つである貴社が未経験者へも門戸を開いていることは、私にとって大きな好機だと考えております。
そして、このチャンスは絶対に逃がせないと思い、応募させていただきました。

~経歴から言い換えてアピールする~

上記の志望動機例文のように、経験年数を加えつつ、自然な流れで能力のアピールを含めていきましょう。どんな経験でも言い回し一つで企業にとっての有益な人材となりえます。あきらめずに、身につけた能力が活かせることをアピールしましょう。

志望動機を未経験前提でアピールする際は例文を参考に前向きな姿勢を示そう!

未経験者にとって魅力付けをする志望動機の書き方と例文をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
いざまったくの未経験があたらしい業界の志望動機を書くことになっても、未経験ならではの武器はゼロではありません。
加えて身につけた経験をもうまく言い回して変えることで、何かしらのアピールにすることは可能です。
例文のように、前向きに自分アピールをするよう心がけましょう。