志望動機を未経験職種でもアピールできる方法 | 新卒就活.com

2015/10/30更新

志望動機を未経験職種でもアピールできる方法

志望動機を未経験職種でもアピールできる方法をご紹介します。
未経験業界に飛び込むために必要なアピール術とは一体どういったものなんでしょうか。
ここでは未経験でも採用につながる志望動機の書き方についてみていきましょう。
当然、淡々と書き連ねただけの内容では魅力なんて感じませんよ。

志望動機を未経験職種でもアピールできる方法1,企業とのマッチングを書き出す

child-395918_640
未経験の業界・職種であっても、志望動機の書き方ひとつで採用側に「魅力的な人材だ」と読み取ってもらうことができます。
まったく知らない世界だからとあきらめてしまうのは、時期尚早です。
とはいえ適当な内容で志望動機を書いてしまっては、書類選考ですら通ることもかないません。
未経験の場合、まずはどういった書き方をするべきなのかを考えましょう。

●未経験なら企業とのマッチングという視点を持つこと!

未経験の場合、当然ながら新卒よりも経験者よりも「強み」となるような要素が足りません。
新卒ほどの「育成による伸びしろ」もなく、経験者の「即戦力となるような能力」も持ってはいません。
そのため、未経験の転職者としてアピールするには自分と転職先がどれだけ合っているかを探し出し、企業とのマッチングについて書き出すようにしましょう。

志望動機を未経験職種でもアピールできる方法2,スキルを盛り込む

未経験ではあっても、別の業種・業界なりに培ってきた経験は確かに存在するはずです。
まったく異なる世界だから……と、見切りをつけてきっぱりと切り捨ててしまうのは、もったいないです。
せっかく得た経験を主張しなくては、新卒より有利と思える書き方ができなくなってしまいます。

●身につけた経験は言い換えて武器にする!!

様々な業界があり、当然その業界ごとに活かせる経験は異なります。
とはいえ、前職のスキルも書き方によってはひとつ、ふたつの強みになりえます。
志望動機を書く前に、まずは自分の培ってきた経験と企業の求めているものを、あらためて考えてみるようにしましょう。
リーダーシップ、仕事のスピード、忍耐力、協調性・・・何かしら活かせる共通点は必ずあるはずです。

志望動機を未経験職種でもアピールできる方法2,スキルを盛り込む

未経験とはいえ、新卒と比べて明らかに異なるのは「社会人としての経験がある」という点です。
採用側の目線からすると、新卒にはビジネスマナーなどをイチから教えなくてはならない面倒さがあります。
社会人として「基礎力はあるんだぞ」と主張できるような志望動機の書き方にするようにしましょう。

●新卒扱いとは違い社会経験ありとみなされる

むしろ、「ビジネスマナーすらなっていない」と感じさせてしまう志望動機にならないよう注意です。
これはもちろん面接時にも言えることです。
応募書類の誤字脱字など、そういった小さなポイントですら、新卒に比べて厳しい目で見られてしまいかねません。
志望動機の書き方ひとつをとっても慎重にいきましょう。

志望動機を未経験職種でアピールする際は採用担当者の視点をもって書くこと!

未経験者の志望動機の書き方について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。
大きな強みを持てない未経験者にとって、志望動機の書き方はとても重要です。
採用担当者の目線で内容を考え、かつ厳しい目で見られる前提で、書き上げた応募書類には何度も確認の目を入れるようにしましょう。