志望動機書の内容で企業にアピールする方法 | 新卒就活.com

2016/09/14更新

志望動機書の内容で企業にアピールする方法

志望動機書の内容で企業にアピールする方法をお教えします。
志望動機書でアピールすれば、今後の就職活動を有利に進められること間違いなしです。行きたい企業に内定をもらうためにも、志望動機書はしっかりと書き方を押さえておきましょうね。
就活生は必見のページです。

志望動機書とは?

letters-867673_640

志望動機書は何を書けばよいか?企業の採用試験を受けるために提出する書類には、履歴書、職務履歴書、志望動機書というようなものがあります。
履歴書は今までの学歴などの履歴を記載する書類、職務履歴書は経験してきた職務の履歴を提示するための書類となりますが、では志望動機書とは何を書けばよいのでしょうか。

~履歴書の志望動機を克明に記載した書類~

基本的に履歴書にも志望動機を記載する欄があるため、それとの違いがなかなか分かりにくいと思います。
しかし、簡単に言えば志望動機書とは、履歴書の志望動機をさらに詳しく克明に記載した書類と考えればよいでしょう。

そのため志望動機書の提出が必要な場合は、さらに詳しい志望動機の説明が必要となるわけです。

志望動機書における適切な内容とは?

志望動機書の提出が必要な場合、企業はその志望動機書で何を確認しているのでしょうか。
この場合、企業が志望動機書で確認するのはどうして我社に入社を志望したのか、そして志望後には何を成し遂げたいのか、そのためには自分はどうするのかといった、申込者の考え方と仕事に対する意欲を確認しているといえます。

~指導傍記所の内容には具体的な例をしっかりと盛り込むこと~

そのため志望動機書の内容が非常に希薄なものであったり、単なる感想文で志望する動機や決意などが伝わらないものであれば、志望動機書の内容は全く意味のないものとなってしまいます。そのため出来るだけ具体的な例を盛り込んだ志望動機書の作成が必要となります。

志望動機書の内容は前半・後半で内容を分けること!!

志望動機書を書く場合、最初から最後までどうして志望したのかを書き連ねてもあまり意味がありません。
何故なら志望動機書だから志望する動機だけわかればよいというものではなく、志望動機と入社した場合に自分が会社にどんな貢献ができるかが重要となるためです。

入社したいという熱意がいくら大きくても、それだけで仕事がこなせるほど社会は甘くありませんし、採用して会社の戦力となり得る人材で無いと企業は採用しない傾向が強くなっています。

~なぜその企業を志望したのかの理由を必ず記載~

そのため志望動機書の前半には何故その企業を志望したかの理由と答えを記載し、後半には自分の考えや経験をどのように企業に生かして貢献できるのかといった内容を記載すると、動機も考えも分かりやすく起業に伝えることが出来るでしょう。

志望動機書には志望理由と熱意を記載!!具体例も書くこと

志望動機書の内容が採用に関して非常に重要なポイントであることには変わりありませんが、志望動機書の内容だけで採用が決まるわけでもありません。
あくまでも志望動機書はその人のやる気や熱意、能力の生かし方と考え方などを見るためのものですから、履歴書や職務履歴書、採用テストや面接の内容が伴わなければ採用されることはないでしょう。

しかし志望動機書の提出が必要ということは、その企業ではそれをある程度重要視している節がありますので、何度も志望動機書を書く練習をして納得いく内容、企業に自分の思いや考えが伝わる内容の志望動機書の作成を行なう必要があるといえます。