志望動機書の適切な書き方とNG例まとめ | 新卒就活.com

2016/08/31更新

志望動機書の適切な書き方とNG例まとめ

志望動機書の適切な書き方とNG例の紹介します。
志望動機書で大切なのはきちんと自己アピールした書き方です。
ここではNG例を参考にしながら「なぜこの書き方がNGなのか」を指摘しながら適切なアピールができる志望動機書の書き方を説明していきます。

志望動機書は自分を売り込むツール

pen-543858_640

就職活動を進めていくうえで必ず書くことになるのが志望動機書ですが、この志望動機書は単なる志望動機を書くものではありません。
この志望動機書で自己アピール、つまり自分を売り込むためのものでもあるのです。
そして志望動機の書き方をしっかりとマスターするためには、まずは志望動機のNGを知ることが近道といえます。

~志望動機書で自己アピールをしっかりしよう!~

志望動機書のNG例を知ることでどういった書き方をすればいいのか自ずと見えてくるでしょう。
そして志望動機書の中に自己アピール分を入れることで、採用担当に自分を売り込むことができるのです。
そこで今回は、志望動機を書くうえでのNGをいくつかご紹介します。
志望動機のNGを知って、志望動機書の書き方をマスターしましょう!

志望動機書のNGポイント1,熱意で押し切る

志望動機書の書き方で実は非常に多いのが、熱意だけで押し切ろうとしているパターンです。
企業の経営理念に共感した!や、企業が取り組んでいる環境問題事業に感動した!といった、明らかにしっかりとした志望動機がないものです。
これらは企業の具体的な事業内容や、企業の今後の展望などに触れていないため、中身がない志望動機として捉えられてしまいます。

~志望動機に企業教育制度をあげるのもNG~

次に多い志望動機書の書き方が、企業の教育制度等に魅力を感じ自分自身成長できると感じたというような志望動機です。
まず企業は学校ではありません。社会においては自分自身で頑張ったことが評価され、それが結果として成長につながるのです。
基本的に教育制度を志望動機にあげるのはやめましょう。

志望動機書のNGポイント2,給料や待遇を前面に出す

志望動機書の書き方で意外と多いのが、給料がいいや残業が少ないといった企業の待遇面に関してばかり書かれたものです。
企業はまずあなたがいかに自社に貢献してくれるかを見極めています。そんな中で給料や待遇面ばかり気にしているところを前面に出したら、不採用となるのは確実です。
たしかに給料や待遇面は大切ですが、それらの理由はいったん置いておいて別の志望動機を書きましょう。

~地理関係を志望動機にあげるのもNG!~

続いての志望動機書の書き方NGは、企業が自分の家から近いからというような志望動機です。
企業の地理的なことを志望動機にあげるのは絶対にNGです。近ければどこでもいいのかと思われてしまいます。
もっと企業の事業内容や将来性に興味を持った志望動機をあげましょう。

志望動機書は適切な敬語を使った書き方をすること!!

これまで志望動機書の書き方NG集をご紹介してきましたが、志望動機書の書き方でさらに大切なのがしっかりとした敬語で書くことです。
就活生はあらゆる場面で試されている反面、全ての場面においてアピールポイントとなっています。
例えば本来ならば書面を書く場合は貴社と書かなければいけないところで御社と書いたり、こういった細かい部分に気をつかわなくてはいけません。
しかし、しっかりとした敬語を使っているのであればそれはプラス評価となるのです。

いかがでしょうか?今回は志望動機書の書き方についてご紹介しましたが、まずは今回ご紹介した志望動機NG集を頭に入れた上で、採用担当に好印象を与えられる志望動機を書きましょう。