応募フォームの書き方と注意点について | 新卒就活.com

2016/08/04更新

応募フォームの書き方と注意点について

応募フォームの書き方は、意外と間違いがちな部分があります。
応募フォームはウェブ上で入力する履歴書や、経歴書のようなものです。
応募フォームにおける書き方の注意点を把握することで、ひとつのマイナス要素もない応募フォームにすることが可能です。
どこに注意すべきなのかを見ていきましょう。

応募フォームの書き方における注意点1,ケアレスミスに注意

PAK73_MBAsawarukey20140312500-thumb-1000xauto-4542
応募フォームの書き方で何よりもまず注意すべきなのが「記入漏れ」や「誤字脱字」などのケアレスミスです。
ほんの些細なミスが、実際の業務の中では売上を大きく揺るがす場合だってあります。
書き方云々の前に、まずはそういった小さなミスを減らしていくようにしましょう。

●応募フォームを作成し終わったら必ず確認すること!

上記のように、小さなミスが多くに影響してくるのが仕事というものです。
そのため、最低限の選考ラインとして、企業は当然誤字脱字のある就活生に少なからずリスクを感じてしまいます。
PCで応募フォームを記入する際にやりがちなのは「誤変換」ですね。
応募フォームを書き終えたら、かならず確認作業をするようにしましょう。

応募フォームの書き方における注意点2,会社のメールアドレスを登録するのはNG

当然あまりやることはないとは思いますが、今現在勤めている会社のメールアドレスを使用し応募フォームに登録するのはアウトです。
転職活動は会社間のやりとりではなく、プライベートな問題です。
そもそも、社員の送受信歴を管理している会社もあるので、就活する側としてもリスクになりえます。

●応募フォームの職務経歴は新しい経歴から書いていく!

応募書類では時系列順に職務経歴を書いていくのが一般的ですが、応募フォームでは新しい経歴から書いていくのがフォーマットです。
つらつらと何も考えずに書き込んでいかないように注意しましょう。

応募フォームの書き方における注意3点,読みやすさを意識すること

これは応募フォームに限ったことではありませんが、ビジネス文書では読みやすさが重要となってきます。
見た目的な部分にも気を遣い、ほどよく改行を入れたり句読点を打ったりすることも大事です。

●略語・専門用語は避けること!

読みやすさにおいて中でも注意しておきたいのが、略語を使用してしまうことです。
資格や業務内容など、できる限り一般的かつ正式名称を使用した書き方をするようにしましょう。
加えて、専門用語はなるべく避けた書き方をすることも重要です。

応募フォームは読みやすい書き方が重要!作成したら必ず確認をすること

以上、応募フォームの書き方における注意点についてご紹介しました。
応募フォームの書き方について、ささいな点から採用に関わる点までみてきましたが、いかがでしたか。
応募フォームといえども、見る側にとってはビジネス文書となんら変わりありません。
ここで挙げた注意すべきことを把握し、応募フォームは慎重かつ丁寧な書き方をするように注意しましょう。