応募書類の取り扱い方と注意点 | 新卒就活.com

2016/08/31更新

応募書類の取り扱い方と注意点

応募書類の取り扱い方と注意点をご紹介します。
就職活動する上で応募書類は必ず取り扱うことになります。
応募書類の中身はもちろん重要ですが、受け取る側のことを考えるとやはり見た目も大事になってきます。
ですから応募書類を作成する時も郵送する時も、確認がなによりも大事になってきます。

応募書類を送付する際は要チェック

pp_shikakuipost-thumb-815xauto-12753
求人情報で気になる企業が見つかった場合、今の時代WEBエントリーが基本的な流れとなっていますが、一部ではWEBエントリーと履歴書などの書類送付を行って応募完了とする企業もあります。
その応募書類について、写真付き履歴書や職務経歴書などが該当しますが、中には成績書を加えて送る企業もあったりします。

●送付する場合は必要な応募書類を何度も見直すこと!

何が必要であるのかは応募先の企業によってバラバラであるため、応募概要欄内にある応募書類についての記載をしっかりと確認しましょう。
いずれも欠けてしまっていては受かる企業も受かりません。
必要書類を用意すれば、書いた内容も何度も見直してブラッシュアップし、魅力的な内容になるように作りあげていきましょう。
その他にも気を付ける部分などがありますが、以下でそのことに触れていきたいと思います。

応募書類を作成する際に気を付けること

応募書類を作成する際に気を付けておくべき点をご紹介します。
基本のビジネスマナーなので、ぜひここで覚えていって下さい。

●履歴書を作り置きする際は日付は空欄にしておく
応募書類の中に履歴書が含まれているのは、どの企業においても共通の事項です。
WEBエントリー通過後も必ず必要となるもので、数多く企業を訪問するためいくつかは作り置いておこうと考える人も多いでしょう。
そこで気を付けたいのは、作り置きをするのであれば日付は空欄にしておくことです。
人事担当の方からすれば書類に記載されている日付が不一致であれば、注意力の無い人だと思われてしまいます。
そのため空欄にしておいて、記入する際には面接当日の日付もしくは応募書類の投函日としておきましょう。

●西暦か和暦のどちらか記載する年代を統一すること
また「年」の表記も統一しておきたいところです。
学歴などでは平成の元号を使用しているのに、生年月日だけは○○○○年と書いてしまえば纏まりもありませんし、統一性もありません。
元号などの統一は常識の範囲となるため、応募書類作成時は意識して書くように気を付けましょう。

応募書類を郵送する際のポイント

応募書類を企業へ送付する際は、どのように書類を作って封筒に入れ、ポストへ投函しているでしょうか?
ごく普通であれば、出来上がった書類をそのまま封筒の中へと入れ、切手を貼ってポストへと入れるでしょう。
しかしそれでは郵送時に大事な書類が折れ曲がってしまう可能性があります。

●書類は傷つかないようクリアファイルに入れること!

そこで封筒に入れる書類はクリアファイルに挟んで、クリアファイルごと封筒の中へ入れて送付するようにしましょう。
これだけで中の応募書類は折れ曲がる可能性が低くなり、綺麗な書類が採用担当者の元へと届きます。
またこのテクニックを使用することで採用担当者への印象もよくなりますが、これは企業間での書類のやり取りで大切な書類をクリアファイルに挟んでから封筒に入れるところが多いためです。
知ると知らないとでは大きな差でありますので、是非実践してみてください。

応募書類は見た目も大事!細かな配慮が好印象を与える!!

履歴書や職務経歴書などの応募書類を作る時は相手を意識して作るように心がけましょう
字を崩さずに丁寧に書くことはもちろんですが、自分の字が汚くてどうしようもないと感じる方はパソコンで作っても問題ありません。
今の時代はオフィスソフトなどを使用することが当たり前ですので、手書きによる応募書類が届いていないからといって落とされる理由にはなりません。

しかし企業によって手書きが必須であったり、その逆のパターンもあるため、やはりしっかりと応募時の諸注意を確認しましょう。
上記のクリアファイルについても相手に気を使ったことであるため、そんな細かい部分を面接官は見ています。
字の丁寧さや元号は統一されているかなど、履歴書の内容ではなく見た目から選考は始まっていますので、しっかりと注意しながら応募書類を作っていきましょう。