応募理由書の書き方とおさえるべきポイント | 新卒就活.com

2016/09/15更新

応募理由書の書き方とおさえるべきポイント

企業の採用活動で重視されている点は「人物重視」となっており、次いで仕事への熱意となっています。
エントリーシート提出の段階では面と向かって話すことはないため、文章でいかに相手へ熱意を伝えるかが重要です。
そのための応募理由書の書き方とおさえるべきポイントを紹介したいと思います。

応募理由書の書き方1,入社して実現したい目標を記入する

swing-918942_640

応募理由書を書くポイントとして、入社して将来実現したい夢や目標を記載することが大切になります。
事業展開に魅力を感じた、高い技術力に関心があるといった文章は多くの就職活動生が記入しがちな内容であるため、それをより具体的に書いた応募理由書が好まれます。

~入社後の目標やビジョンを持って働く意欲を示す~

また前例では企業を褒めているだけの内容であるため、高い技術力をもつ事業部で「どのように」活躍していきたい、社会貢献していきたいなどと記載すればいいでしょう。
慈善事業で採用活動を行っている企業は多くはありません。
入社後もどのような目標やビジョンを持って社員として働こうとしているのかを伝えることが選考通過のための重要なポイントとなります。
応募しようとする企業のホームページをじっくりと見つめて、企業にどのように貢献できるかを考えてみましょう。

応募理由書の書き方2,過去の体験談から説得力を高める

入社をしてからやりたいことを羅列するだけであれば誰でもできますし、何よりも説得力に欠けてしまいます。
そのためには過去の体験談や経験から得た内容を盛り込むことで、より具体性の高い応募理由書を仕上げることができます。
しかし車メーカーにしても旅行会社にしても同じ事業を展開する企業は国内でも数多くあるため、なぜ応募先の企業でなければいけないのかという理由も付け加える必要があります。

~他社との差別化を明確にしておく必要がある~

車メーカーでもトヨタやホンダなど様々ですが、各メーカーによって特徴は異なります。
応募先企業のみにあってその他にはない、このような事前の企業研究は欠かせません。
採用担当者からも「別にウチじゃなくてもいいよね」というツッコミをされないように、応募理由書には「なぜ数多くある競合相手の中から選んだのか」という記述をしっかりさせることが大切です。

応募理由書の書き方3,強みの活かし方を述べる

入社後の目標やビジョンを明確に記載した後、まずは自身の目で記入した応募理由書を添削・見直しをしましょう。
そして余裕があるのであれば、自身の長所をどのように活かしていくのかも記入できればより良くなります。
これまでは熱意を伝えていただけの内容ですが、自身の特徴をアピールすることによって能動的に仕事をしてくれるというイメージを与えることができます。

~能動的に仕事をするイメージを採用担当者に植え付けよう!~

また採用担当者にとっても応募者のイメージを膨らませやすくなります。
自身の特徴というのは明るい性格や他人をほおっておけないなどの曖昧なものではなく、ゼミで研究してきた内容や学んできた他言語で海外に営業に行きたいなど、学生生活から得た経験を元に書きましょう。
同時に自己PRにもなっているため、面接の時でもそのことに関する話題に触れられる可能性があります。

応募理由書を書く際に重要なのは一緒に働いてみたいと採用担当者に思わせること!

応募理由書を書く内容で選考通過の可否や応募者のイメージが決定されます。
入社したいという熱意や情熱をただ羅列するだけでは選考を通過できませんし、大事なのは「この人と一緒に働いてみたい」と思わせることになります。
その第一歩として応募理由書があります。
入社後の目標を描けていることや長所となりそうな部分があれば採用担当者の目に留まるはずです。
今一度、応募理由書の内容を見つめなおして、どの部分が悪いのかなどを徹底的にチェックしてみましょう。