性格をエントリーシートに書く時のポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

性格をエントリーシートに書く時のポイント

エントリーシートでは、自分の性格について記載させられることも多いです。
そんな性格について書く際にもポイントがあるのが、エントリーシートです。確実に良い評価を得られるエントリーシートを書くためにここではそんな、エントリーシートに性格を記載していく際のポイントを紹介します。

性格をエントリーシートに書く時のコツ1,必ず結論から書くようにする

art-820276_640
エントリーシートに性格について記載していく際には、必ず結論から書くようにするというのがポイントの一つです。
性格についての文章というのはついつい、だらだらと理由から述べていってしまいがちですが、それでは最後のところをよむまではいまいち何が言いたいのかわからなくなります。

~結論から書くと文章が読みやすくなる~

しかし、結論から書くようにすると、自然とその結論の後には、その結論に関する説明文がくるんだろうなということが分かりやすくなり、文章自体の読みやすさがグッと上がっていくのです。
性格に関するところでは、結論から書かないと特に読みにくくなるので、エントリーシートの性格の部分は必ず結論から書くようにして、それからそれを証明するエピソードを書いていくと良いでしょう。

性格をエントリーシートに書く時のコツ2,エピソードを箇条書きで書く

エントリーシートの性格に関する記載では、それを証明するエピソードの書き方にポイントがあります。
それが、エピソードはなるべく箇条書きで書くようにするということです。
だらだらと長い文章でエピソードを書いていくと、そのエピソードの中のどこが課題で、どう解決して、どうしてそういう性格であると言えるというのが、すごく分かりにくくなります。

~箇条書きにするとアピールポイントが目立つようになる!~

しかし、それらを箇条書きにして書きだしていくと、課題のところ、解決のところ、それゆえにそういう性格だと言えるというところが分かりやすく目立つようになります。
それにより証明エピソード全体がとらえやすくなり、より印象的になり、より証明力が強くなるのです。
したがって、エントリーシートの性格の証明は、箇条書きで書くのがポイントと言えるのです。

性格をエントリーシートに書く時のコツ3,長所や短所とは別のものを書く

エントリーシートあるいは履歴書では、性格に関する長所や短所についての記載を求められることもあります。
そういう場合には、エントリーシートでの性格に関する記載では、そうした長所と短所とは別のものをアピールする必要があります。
もし長所や短所についての記載が求められていなくても、それは面接で聞かれると思い、別に用意しておいた方が良いでしょう。

~同じような性格のポイントばかりだと人間味がなくなるので注意!~

そうして他方面から性格をアピールしていってこそ、自分の良さが正確に伝わっていきます。
同じような性格のポイントばかりをアピールしていっても、そこしかいいところがないのかと思われてしまいます。
人間的な深みをアピールするためにも、エントリーシートに書く性格は、長所や短所とは別のものを用意するようにしてください。
勿論エピソードもそれは同じことです。

性格をエントリーシートに書く時は結論からはじめること!エピソードは箇条書きがオススメ

以上、エントリーシートに性格を記載していく際のポイントのご紹介でした。
これらのポイントをしっかり抑えて作成していけば、エントリーシートの性格の部分を通してよいアピールがしていけるでしょう。
またエントリーシートは面接で活用される場合が多いので、なにを書いたのかメモに残しておくのも非常に重要となります。
性格でのアピールは実は就活ではとても大切ですから、ぜひ意識していってください。