自己分析の裏技!性格診断を活用して書いた時にもたらされる3つのメリット | 新卒就活.com

2016/08/04更新

自己分析の裏技!性格診断を活用して書いた時にもたらされる3つのメリット

就職活動を開始し、自己分析を始めてやってみた、という学生さんも多いでしょう。しかし、実際にやってみると、その難しさを痛感し、友人や家族に自分の強みを聞いてみたり、就活塾に通ったりする人も中にはいます。
そこでオススメしたいのが、「性格診断テスト」。この性格診断テストは、自己分析にも役に立ちます。本記事では、なぜ性格診断が自己分析に活きるのか、3つの理由より説明をします。

自己分析に活きる理由1,選考で性格診断テストがある

new-york-540807_640

就活の選考は何も面接やグループディスカッションなど、面接官とのやりとりだけがあるわけではありません。
大量に申し込んでくる学生を学力面で振り分けるために、ほとんどの企業で筆記試験があり、その中の項目に「性格診断テスト」があるのです。

性格診断テスト結果と自己PRに大きな乖離が出ないようにする

そのため、面接官はあなたの「性格診断テスト」結果を見た上で、面接で自己PRや学生時代頑張ったことを聞くことになります。
もしテスト結果とはあまりにかけ離れている自己PRをすると、「この学生は作り話を言っているんじゃないか?」と面接官に疑われる要因を作ってしまいます。

ビジネス社会では、信用が第一ともいわれていますので、嘘をつく人は、選考が外されてしまいます。

「性格診断テスト」の結果は、対策本などから分かるため、一度結果を見てから自己分析をすることで、テスト結果と大きな乖離がない自己PRをすることができます。

自己分析に活きる理由2,定型的な自己分析の予防

color-1405478_1920

よく学生さんの自己PRを聞いていると、「私の強みは好奇心旺盛な部分で、何でも興味を持ったことは積極的に関わるようにしています。ただ、一方その裏返しで、何でも抱えすぎてしまい、計画性の欠ける行動をしてしまうのが弱みでもあります」のように、”強み”を”弱み”の言い換えにしているパターンが多いです。

強み・弱みの安易な繋がりを感じさせない自己分析をする

上記のような自己分析をする学生さんが多いのは、単純にカンタンだからです。
”強み”か”弱み”どちらか一方だけ思いつけば、あとはそれの言い換えをすればもう片方も完成するので当然ですよね。

そこで「性格診断テスト」の結果を自己分析に活かすことで、”強み”と”弱み”のありがちな繋がりを感じさせない分析となるため、面接官も「お、この学生は他の子と違うぞ」と感じるようになるのです。

自己分析に活きる理由3,弱みを克服する力

soldier-957704_1280

先に述べたように、面接官は事前の性格診断テスト結果を見ているため、「この学生は、〇〇が強いけど、その半面〇〇という部分が弱いな」という先入観を持った状態で面接に臨んでいる場合が多いです。

そのため、面接官がすでに理解している学生の”強み”を繰り返し話してもあまり響かず、一方で”弱み”とこの学生はどのように対処しているのか、に注意が向くようになります。

実際に行動に移して克服しようとしている印象を与えられる

そこで、むしろ面接官がここが”弱い”と思っている箇所に対し、自分なりに必死に克服しようとしている努力をアピールできれば、「この学生は弱みをそのままにせず、実際に行動に移して努力している」という評価を受けることができます。
そのため、事前に性格診断テスト結果を見た上で、自己分析をすることで、弱み克服アピールの準備もできるのです。

性格診断の結果から自己分析につなげると効率よく完成でき危険性も低い

traffic-light-1360645_1920

自己分析の方向性を決める作業はけっこう時間がかかります。そのため、面接が始まった時期にこの性格診断テスト結果を分析し始めても遅すぎます。

むしろ、説明会などの時期に予めテストを受けておき、その結果を踏まえた自己分析を頭に入れながら、人事の方や先輩社員と話をすることで、より面接を自信を持って対応することができるはずです。

性格診断を自己分析に活かすには、診断結果と自己PR内容に違いを生じさせないようにする必要があります。ここで違いが出ると嘘をついていると疑われ、選考から外されてしまいかねません。
また、典型的になりがちなのを防いでくれる役割も持ち合わせています。
最後に弱みに対してどのように克服しているかも添えられると、他の就活生に差をつけることも可能です。

性格診断テストを活用して、完璧な自己分析を行いましょう。