担当職務の基本的な書き方とポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

担当職務の基本的な書き方とポイント

担当職務の書き方について知っておくべきことをご紹介します。
転職を目指す場合に重要になるのが職務経歴書です。
第二新卒で職歴がすくなくとも、一度就職したからには避けられないものです。
中でも、担当職務を見やすく仕上げることは重要なことで、書き方は箇条書きが適していると言えます。

担当職務は箇条書きを使った書き方がポイント

idea-935587_640
職務経歴書の書き方は、ビジネス文書らしく、簡潔に見やすくまとめることです。
そのため、企業名や勤務期間、担当職務を見やすく箇条書きにする方が印象が良くなります。
また、履歴書でも取得資格や免許関連の情報は箇条書きにし、取得の年数を一緒に記入することが一般的です。

~採用担当者は多くの書類を処理しなければならない~

これは、面接や書類審査を行う側が多くの情報を処理しなければいけないためで、一目でわかる事が重要になるからです。
特に面接の場合などは履歴書者職務経歴書を見直しながら質問をする事も多くなります。
そのため、部署移動などが多く、担当職務が多かった場合も、全体のバランスを崩さないように適度に省略する必要があります。
全体のボリュームを考慮した書き方が重要です。

担当職務→担当業務に言葉を変えて書く

職務経歴書の担当職務の書き方は、そのまま担当職務と書くのではなく、担当業務などと言葉を変えるのが一般的です。
職務では範囲が広いため、具体性が伝わらない恐れがあるからです。
箇条書きで書いていきますが、これは派遣やアルバイト、正社員の経験を問わず、特定のソフト名を記載した上で事務処理作業と書くことや、電話対応と言った具体的な要素を挙げていきます。
特に、経験の少ないうちは細かく分類した方がスペースを埋めやすく、余白ばかりが目立つ職務経歴書にならずに済みます。

~業務内容は具体的に!余白が目立たないように注意!~

最初は思いつくままに候補を挙げて、最終的に削る方法が適しています。
人によって書き方は様々ですが、経験が浅いうちは書けることが少ないからこそ具体性が重要になるのです。

担当職務は二枚程度にまとめる書き方が必要

職務経歴書は二枚程度にまとめことが通常です。
三枚以上となってしまうと面接の際にも見直す手間がかかり、また、文章をまとめる能力がないのだと誤解を招く可能性があります。
二枚目の三分の二程度は志望動機や自己PRを書くことが通常のため、担当職務を書く欄はおのずと限られてきます。

~自分の経験に合わせて強弱をつける書き方がポイント~

アルバイトなどを数多く経験している場合は、略歴形式にするなど書き方を工夫する必要があり、正社員の経験など、強調したい担当職務にスペースを割くのも方法の一つです。
短期のアルバイトより長期のアルバイト、アルバイトよりも正社員の方が経験としては貴重になります。
自分の経験に合わせて強弱をつける書き方も重要と言えます。

担当職務は箇条書きを使って一目で内容が分かる書き方がポイント

担当職務や資格などは箇条書きで書くのが一般的であり、一目で多くの情報がわかる利点があります。
そのため、情報の取捨選択が重要となります。
自分の経験に合わせた書き方も重要で、貴重な経験があればスペースを広めにとるなど、工夫をすることもわかりやすく伝えるコツと言えます。