採用される履歴書の書き方とポイント | 新卒就活.com

2015/10/30更新

採用される履歴書の書き方とポイント

採用される履歴書の書き方についてご紹介します。
求人の際の応募書類には、履歴書、職務経歴書、添え状の3点があります(新卒の場合は、履歴書、添え状の2点)。
求人案内で履歴書の提出しか求められていない場合でも、これら3点を必ず提出しましょう。

採用される履歴書とは1,会ってみたいと思わせる書き方

architecture-22030_640
履歴書とは、その人がどのような経歴を歩んできたのかを示す基本データになります。
住所や連絡先の他、学歴や職歴、志望動機などを記入し、採用された場合、退職まで企業で保管される公的な書類です。

●履歴書の選考時間は1分!!採用担当者を惹き付ける書き方が求められる

採用選考の順序としては、まず履歴書がチェックされます。採用担当者が履歴書を読む時間はわずか1分程度。
履歴書の記述内容に興味を持ってもらえなければ、職務経歴書さえも読んでもらえません。
平均点の書類では書類選考で落とされてしまいます。採用担当者に魅力を感じてもらい、「会ってみたい!」と思わせるような履歴書を書かなければ次のステップに進むことすらできません。履歴書の高い壁です。
ですから、書類選考の段階で、採用担当者の目を引くものにしなければなりません。

採用される履歴書とは2,手書きが原則

履歴書は手書きで書くのが原則です。手書きにするのは、その人の人柄・意欲が履歴書に表れるからです。
逆の見方をすれば、手書きで書くことで人柄や採用されたいという強い意欲をアピールすることができます。
また、履歴書には様々なタイプがありますので、特に指定のない場合は、自分に合った履歴書用
紙を選びたいところです。
空欄が目立つ書類は評価が下がってしまいますから…。文字をできる限り埋めることのできる用紙を選びましょう。

【採用担当者から落とされる履歴書!】

・正しく履歴書を書いたつもりでも、間違った書き方をしてしまっていることがあります。以下のような書類は評価を下げてしまいます。
・修正液などで修正する
・元号と西暦が混在している
・略号が使われている
・筆記用具が途中で変わっている
・写真にシワがある

細かいようですが、ここまで注意を払って履歴書は記入しましょう。

採用される履歴書とは3,入社後に活かせる自己PR

自己PRとは、応募する会社で、身につけた経験やスキルをどのように活かすのか、他人にはない自分の強みとは何なのか、どのように会社に貢献していけるのか、自分のセールスポイントを表現するものです。
経験がない、資格を持っていない、など就職に不利だと思われることも、書き方を工夫すれば十分に自分をPRすることができます。

●自身の強みが企業にどう貢献できるのかアピールすることが重要!

履歴書に書く自己PRは、経験やスキルをどのように役立て、どのように貢献できるのかを書くのがポイントです。
自己PRと志望動機を混同しないように注意しましょう。
志望動機は「なぜ応募したか」ですが、自己PRは「どう貢献できるか」を書きます。
未経験の仕事やアルバイトの経験しかない場合でも、応募先の企業がどのような人材をほしがっているのかを調べることによって、効果的な自己PRを書くことができます

●長文はNG!簡潔かつシンプルにまとめるのがベスト!

採用側に履歴書の自己PRを読んでもらうためには、だらだらと長文で書くことは避けましょう。
応募する会社で役立てることのできる経験やスキル求人広告に書かれている業務内容や歓迎スキルをしっかりと読み、これまでの経験やスキルをどのように活かすことができるのかを書きます。
自己PRでは、応募先企業で活躍している姿がイメージできるように「できること」「貢献できること」を前面に強調して書きます。

採用される履歴書で必要なのはシンプルな自己PRと説得力のある志望動機

採用される履歴書でもう一つ重要なのが志望動機です。
志望動機として、単に「○○に興味があるから」、「○○の資格を活かしたいから」などの動機では採用担当者の目を引くことは難しいでしょう。
まずは応募先の企業研究をして、どういう人材が求められているのかを見極める必要があります。
それに対して自分がどのように企業に貢献できるのかを書くと、説得力のある志望動機になります。

履歴書は、非常に重要なものでありながら、その選考時間はあまりにも短く、就活生も苦労しているでしょう。
採用担当者の目にとまる履歴書になるよう、最善の方法で履歴書を作ってみましょう。