採用の確率を上げるニュースの重要性とは | 新卒就活.com

2016/09/15更新

採用の確率を上げるニュースの重要性とは

身近に流れることの多いニュースですが、採用されるためには重要になってくるものです。
面接や履歴書は社会的な話題や関心に触れる事が重要であり、最新の情報などを質問として用意する企業も多く、採用に大きな影響を与えます。常識や、世界の情勢を理解するためにも、アンテナの感度を強くすることが重要です。

採用におけるニュースの重要性1,企業は情報に敏感な人材を求めている

news-427341_640
就職を目指す企業が決まってしまうと、どうしても業界の話題や、情勢といったものに目を奪われがちになります。
確かに業界のニュースは重要であり、採用にも大きくかかわる重要項目です。

●発想の柔軟性や物事の本質を見抜く力は非常に重要視される能力!

一方、一般常識としてのニュースに敏感であることも重要です。
近年はマイナンバー制度の導入や、法人税の減税などほとんどの企業が重要事項として認識せざるを得ない変化が次々と押し寄せています。
自分には関わりが無いと興味を持たないのではなく、自分に関わるかもしれないと思って背景などを調べると思ぬ収穫がある場合があります。
採用担当もそういった情報の裏側に潜む問題点や利点に敏感な人材を求めています。

発想の柔軟性や、物事の本質を見抜く力は非常に重要視される能力でもあるのです。

採用におけるニュースの重要性2,メディア系の就職は必須

近年はインターネットなどを通じた広告業やメディア関連の仕事も増えており、そういった業界を志望する就活性も多くいます。
広告やメディアに関連する仕事は、常に最新情報やニュースを仕入れる必要性があり、常にアンテナを張っておかなければ取り残されてしまいます。
古い情報をそのまま発信してしまうと問題になる可能性もあるため、情報の発信の裏付けや日付などにも関心を払わなければならないのです。

●正確さだけではなく情報の出所を確認する能力が問われている!

量やスピードを重視するだけでなく、情報の正確性を確認することも重要です。
採用のポイントは情報の正確性だけでなく、出所を確認する能力を問われる場合も多いのです。
また、ニュースの出所を確認し、メディアに流れるうちにどう変遷していくか学ぶのも重要な経験であり、それをアピールすることは採用面で大きな加点になる事があります。

採用におけるニュースの重要性3,異業種間の協力がトレンド化している

企業間の競争と国際化が進む中、異業種間の提携や合併、合弁会社の設立などが話題を呼ぶことが多くなっています。
一件関係のないように見える業種でも、一部では密接にかかわっており、そこからコラボレーションが生まれることもあるのです。
異業種間の協力は珍しくなくなってきてはいますが、未だニュースとしてインパクトのある組み合わせもあり、話題性も強くなっています。
大切なのは、どうしてそのような協力関係が成り立ったかを調べることです。

●決算書や目論見書を見ながら数的効果をみる分析は高く評価される!

ニュースと一緒に経緯を発表することは通常ですが、決算書や目論見書を見ながらどの程度の数字的効果を見てみるかも一つの分析方法です。
また、自分が働く企業もそういった協業を行う可能性を考えてみるのもプラスになります。
採用担当者もそういった発想力を評価する場合もあります。
可能性の追求は業務の改善や発展とイコールであり、採用に重要な影響を与えるのです。

採用されるためには日頃からニュースをチェックしておくこと!

ニュースは多くの人の関心事項ですが、どんなことに興味を持つかはそれぞれ人によって違います。
採用の際にポイントになるニュースも面接官などによって違うため、出来るだけ多くの、正確な情報を集める必要があります。
面接官が思いもつかなかったプラスになるニュースも用意できれば、採用に一気に近づけるはずです。
このようにしてニュースを様々な視点から検証して見てください。