採用テスト通過のためのポイント3選 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

採用テスト通過のためのポイント3選

採用テスト通過のためのポイントをお教えします。採用テストを通過するためには、コツを押さえておけば簡単に合格できますよ。今後の就職活動をスムーズに進めるためにも、採用テスト通過のコツは押さえておきましょう。なかなかテストを突破しない就活生にはオススメのページです。

採用テスト通過のためのポイント1,適性検査突破の対策をすること

pen-390095_640
適性検査は現在WEB上で行われているものが多く、どの企業でも実施されている採用テストとなっています。その種類も多岐にわたり、一般的的に多くの企業が採用しているのがリクルートキャリアが制作するSPIとなっています。

~一問一問を迅速かつ正確に解くための練習が必要とされる~

この他にもCABやGABなど、いずれもWEB上で行われる採用テストの一種として行われており、これら試験に対する対策を練ることも就職活動においては重要となります。

一般的な筆記テストと違って試験時間も短めに設定されていることから、一問一問を迅速かつ正確に解けるように文章を読み解く練習など、繰り返し練習するようにしましょう。

採用テスト通過のためのポイント2,出題傾向の把握

大学入試のようにボリュームのある出題内容ではなく、中学から高校程度の問題で構成されているのが特徴です。

具体的には一般常識や時事問題、語学などの知識が試される以外にも、国語力や算数、性格適正などを検査するためにSPIなどの採用テストが行われています。

~採用テストの本番に備えて普段から問題を解く練習をすること!!~

前述したように、問題数が多いことと制限時間も短いことから、一つでも躓いてしまうと全てを解き終えることもできなくなるため、普段から解く練習を行うなどの事前対策が必須となります。

特に採用テストで躓きやすい非言語分野は反復練習で対応できる部分もあるため、問題集などを購入してスムーズに問題を解けるようにすることが大切です。

採用テスト通過のためのポイント3,ニュース・一般常識に耳を傾けること

一般常識分野はある程度は問題集でカバーできる部分があるものの、時事問題に関してはそうはいきません。

特にマスコミ関連の採用テストにおいてはSPIなどの適性検査を使用せず、オリジナルの一般常識問題テストを使用するケースにあります。

~通学の合間にニュースサイトを開き関心を持って読むことが大事!!~

その内容も一般常識や教養を問われることはもちろん、時事問題だけでなく業界特有のマニアックな問題が見受けられるため、出題範囲の幅は広いといえます。

この採用テストに対応するには普段からニュースなどの見たり読んだりすることでカバーできます。通学の合間でニュースサイトを開き、関心を持って読むことで知識として身につけていくほかありません。

採用テスト通過のためのポイントとは出題傾向を把握しニュースにも敏感であること!!

採用テスト通過のためのポイントとは出題傾向を把握し、ニュースにも敏感であることが重要です。

最後に押さえておいて欲しいのは、
一般的にSPIやCABなどの採用テストは多くの企業でも実施されていますが、マスコミ業界であればオリジナルの問題を使用するなど、業界によって採用する適性検査が異なってきます。
そのため志望する業界はどんな採用テストが実施されるのか、またどんな問題が出題されるかなどの試験の傾向を知ることから始まります。とはいえ、SPIの問題集を勉強すればほとんどの採用テストに対応できるのは事実です。

しかし内容があまり変わらないCAB・GABでも出題傾向が少し異なる場合がありますので、各採用テストの出題傾向を知ることと、どのような問題が出されるのかを知ることが大切です。