採用担当の目に留まる自己紹介書の書き方とは | 新卒就活.com

2016/09/20更新

採用担当の目に留まる自己紹介書の書き方とは

企業に提出しなければいけない書類の中には、履歴書や職務経歴書以外にも自己紹介書というものがあります。
この自己紹介書とは簡単に言えば自分自身をさらに踏み込んで詳しく企業に紹介するアピール書だと考えればよいでしょう。
では担当者の目に留まる自己紹介書とはどのような内容のものにすればよいのでしょうか。

新卒者用の自己紹介書の内容とは?

cc-library010010719

自己紹介書は履歴書とは違い、自分自身のことをさらに詳しく説明するための書類となります。
そのため新卒者と既卒者では記載する内容も変わってきますし、アピールできるポイントなども違うということになります。

~学校で何を学んだのか・なぜこの企業を選んだのかを記載すること~

新卒者の場合は基本的に学校で何を学び何を得たのかといった内容や、得意な科目や学校で行なっていた卒業研究、自分自身を企業にアピールするための自己PR文、何故この企業を選んだかという志望動機、そして持っている資格や免許などの記載が主な内容となります。

そのため自己紹介書とは履歴書のように簡単な内容ではなく、詳しい内容が求められるということになるといえます。

履歴書の種類によっては自己紹介書の内容を記載できるフォーマットのものもありますので、もしそれを使用する場合には無いようは自己紹介書に記載する内容と同じものでよいでしょう。
ただし企業から履歴書と自己紹介書を別で提出という指示がある場合は、2つに分けて提出するようにしましょう。

第二新卒者の記載する自己紹介書とは?

第二新卒者の場合、新卒者とは違い記載する内容が多少変化することになります。
そのため第二新卒者が書く自己紹介書とは学校を卒業して何をしていたのか、もし他の企業で働いていた場合にはその企業で何を得て何を成したのかを記載することが重要となります。つまり、今現在の自分を紹介する内容でなければ意味が無いと言うことになるわけです。

~次の仕事で活かせそうなスキル・資格については必ず記載すること~

そのため特に志望動機に関しては、何故今までの仕事を捨ててまでこの企業を選択したかという理由が非常に重要になりますので、採用担当者が納得できるような理由が必要になるといえます。
それと同じ業種であれば前の企業で得たスキルや資格は自己紹介書で大きなアピールポイントとなりますから忘れずに記載するようにしましょう。

自己紹介書とは自分を曝け出すための書類!!

自己紹介書とは履歴書では分からない踏み込んだ部分を企業に曝け出すための書類となります。
そのためその内容は履歴書よりも重要視される場合が多く、自己紹介書の内容が曖昧であればあるほど、採用から遠のくと考えてよいでしょう。
ですから自己紹介書とは、曖昧なものではなく見ただけで内容が具体的に分かるものにする必要がありますし、特に自己PRに関しては具体的な例を挙げて記載する必要があります。

~自己紹介書では話を具体的に書くのが大事!!~

例えば趣味で読書を記載するのであれば、ただ単に読書と記載するのではなく、どのようなジャンルのどういった内容が好きで、好きな作家は誰、その作家の何処に感銘を受けたのかといった内容まで踏み込んで記載するほうが良いといえます。
アピールポイントも我慢強いことをアピールするのであれば、実際にどのようなことがあって我慢強いといえるのかという事実を記載するようにする必要があるといえます。

自己紹介書では自分のスキル・資格・学んだことを具体的にアピールすること

自己紹介書では自分のスキル・資格・学んだことを具体的にアピールしていきましょう。
自己紹介書とは企業の採用担当者が、応募者を詳しく知るために必要な書類だといえます。
そのため濃い内容のほうが自分を詳しくアピールできますが、記載できるスペースは限られていますので分かりやすく記載するのはもちろん、その中に納まるように文面を整理して書くことにも注意をしましょう。