採用担当者様は適切なのか?正しい宛名の使い方とは | 新卒就活.com

2016/08/04更新

採用担当者様は適切なのか?正しい宛名の使い方とは

採用担当者様、と何気なく使っていませんか?
エントリーシートなどを封書で送る場合、必ず宛名を書くことになります。
宛名の正しい使い方について見ていきましょう。
また、採用担当者御中との使い分けに困っている方もいるのでは?宛名一つが採用可否に関わってきます。正しい使い方を把握しておくことは大事です。

採用担当者様と間違いやすい「御中」の使い方

pp_shikakuipost-thumb-815xauto-12753
応募書類を郵送するとき、何も考えずに「採用担当者様」という宛名の使い方をしてはいませんか?
また、人によっては「採用担当者御中」と書いてしまっている人も。
宛名の敬称を間違ってしまうとビジネスマナーが出来ていない、という風に捉えかねません。
ですか今一度、宛て名の敬称の使い方を確認していきましょう。

●「御中」は会社宛・部署宛のときの使い方

こちらは宛名としては間違った使い方です。
個人を指して敬称として使用する「様」に対し、「御中」は個人を指して使用する敬称ではないからです。
「御中」は本来、会社や部署などの組織的な宛先を総してくくった使い方であり、「採用担当者」と組み合わせて使用するものではないのです。

採用担当者様と宛名に書かない場合について

では「採用担当者様」が正しい使い方かというと、少し話が違ってきます。
たとえば面接後にあらためて書類などを郵送する場合、採用担当者様と一度は顔を合わせ自己紹介が済んでいるのではないのでしょうか。
また、応募の段階から採用担当者様の名前を知っている場合。
つまり、採用担当者様の名前を知っているケースでは、宛名を「採用担当者様」とはしません。

●宛名の名前がはっきりしているケースは採用担当者様は使わない!

採用担当者様の個人名を知っている場合は、「採用担当者様」という宛名を使用することはありません。
個人名がはっきりしているのに、わざわざ距離を置いてよそよそしくする必要はないからです。
むしろ、個人名を知っているのにあえて名前を書かないことで、採用担当者様の人柄によっては小さな不快感を与えてしまう可能性すらあるのです。

採用担当者様の適切な使い方とは?

採用担当者様の個人名を知らないのであればこの使い方になる、ということになりますが、この「採用担当者様」そのままの使い方では少し配慮が足りません。
企業、人事部、採用担当者様は、当然採用してもらう立場の就活生からしたら「目上の方」です。それを踏まえてみると、おのずと正しい使い方は導き出されます。

●目上の人に送る意識を!「採用ご担当者様」が正しい使い方

つまりは「敬称」を付け加えよう、ということですね。
採用担当者様のみでは、微妙にぶっきらぼうに感じはしませんか?書類または封筒を手にした採用担当者の方からしても、「採用担当者様」「採用ご担当者様」のふたつがあった場合、与える印象がわずかに変わってきます。
より丁寧な宛名の書き方になるよう配慮をするようにしましょう。

採用担当者様に敬称を付け加えるのが適切な使い方!目上の人に送る意識を忘れずに

応募書類を郵送する際の、宛名「採用担当者様」の正しい書き方についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
意外と考えなしに使用している人も多い採用担当者様ですが、ここで挙げたようによくよく根拠を考えてみれば正しい使い方はおのずと見えてきます。
宛名一つにしても、間違った使い方をしないように注意しましょう。