採用試験における英語問題への対策法3選 | 新卒就活.com

2016/09/13更新

採用試験における英語問題への対策法3選

採用試験における英語問題への対策法3選をご紹介します。
採用試験において、英語の問題が出題される場合があります。
とくに外資系、海外進出を視野に入れている企業など、グローバル社会の現在では英語はビジネスに必要不可欠な存在になってきました。
では以下で、採用試験における英語対策法をみていきましょう。

採用試験の英語問題対策法1,SPIの問題集を解く

wood-cube-473703_640
採用試験の英語の問題はだいたいどこの採用試験であってもそこまでレベルが高いということはありません。
だいたいにしてSPIの英語の問題と同じくらいのレベル、同じような問題の出し方のところが多いでしょう。
ですからおすすめの対策方法としても、SPIの英語の問題集を繰り返し解くようにするということになります。

~繰り返し解くことが重要!まずは英文に慣れよう~

わからない単語はそこで覚えつつ、読解のスピードも速くなるでしょうし、レベル的にもぴったりですし、非常に効率が良いです。
英語というとついつい単語力を増やそうとしてしまいがちですが、大切なのは長文や英語の文章への慣れです。
もちろん単語力も重要ではあるので、こうして長文に慣れつつバランスよく高めていけるのがべストとなるのです。

採用試験の英語問題対策法2,センター試験の問題集を解く

SPIの英語の問題集だけでは、採用試験の英語の問題がまだ不安だという方や、わざわざそれのためだけに問題集を買うのは勿体ないという方には、採用試験の英語の問題対策として、昔使っていたようなセンター試験の英語の問題集を利用して対策をするのがオススメです。
センター試験の英語をある程度すらすら解けるようになれば、レベル的には採用試験の英語の問題でつまづくことはなくなっていっているはずです。

~出題のバラエティも豊富!効率的に単語や長文に慣れることが可能!~

出題のバラエティも豊富なので効率的に色々な単語や長文になれることになりますし、これもまた非常に良い対策方法なのです。
ただ時間をかけすぎるのも良くないので、センター試験で満点をとれるくらいまで高めようと思わないことをお勧めします。

採用試験の英語問題対策法3,TOEICの問題集を解いていく

英語が重要視されている会社の採用試験で英語の問題が出る場合には、よりビジネス用語に強くなっておく必要があるかもしれません。
自分がもしそういう会社を受けようと思っているのであれば、TOEICの対策をしておくと良いでしょう。

TOEICは言わずと知れたビジネス英語のテストです。ですから、自然とビジネス用語を覚えられ、レベルの高い問題でも解けるようになっていくでしょう。

~TOEICはビジネス英語のテスト!英語を重視している企業を受ける際には有効な手段~

ついでにTOIECをうけたりして就活を有利を運べるようにもなっていくかもしれませんし、これもまた効率が良いです。
採用試験の英語のレベルに応じて使い分けて行くと良いでしょう。

採用試験における英語対策は時間をかけずに効率よく勉強すること!

以上、就活の採用試験での英語の問題への対策法のご紹介でした。
本文中でも軽く触れてはきましたが、採用試験での英語の問題にはあまり時間をかけすぎるのも良くありません。英語をすごく重要視している会社でもない限り、採用試験での英語の問題はそこまで難しくありません。
きちんとここで紹介してきた方法で勉強していけば良い点数がとれるようになるはずです。
そもそもの採用試験で英語の問題が出てくるところも多くはありませんから、そこにばかり時間をかけて、他の事がおろそかになる方が良くないはずです。時間をかけすぎないで効率的に勉強していきましょう。