採用試験における3つの内容と対策について | 新卒就活.com

2016/08/04更新

採用試験における3つの内容と対策について

採用試験における3つの内容と対策についてご紹介します。
採用試験とはどんな内容なのか、就活生が気になるところですよね。
昔は、書類選考に面接が当たり前でしたが、最近ではディスカッションなど企業によって特徴的な採用試験のスタイルを取ることも多いようです。
どのように対策すべきでしょうか。

採用試験の内容1,グループディスカッション

chairs-380318_640
まず、面接の次に多い採用試験の内容として、グループディスカッションがあります。
グループディスカッションでは、ひとつのテーマを決めて複数人で話し合いをし、結論をまとめるという方法で、その結論を発表することもあります。
この採用試験で企業はディスカッションの内容ではなく、話し合いの際の個々の特性を見ています。

~自分に適切なポジションを探してその役割をしっかりこなすことが重要!~

まとめ役のリーダー気質な人、サポート上手な書記をする人、意見をたくさ出すアイディア豊富な人など様々な方がいます。どのポジションが正解ということはありません。
目立つことが大切ではなく、自分は一番どのポジションに近いかを考え、そのポジションとしてしっかりディスカッションに当たることが大切です。
目立とうとして、人の意見を遮り、自分のことばかり話す就活生の方もいらっしゃいますが、それは協調性に欠けるのでNGです。

採用試験の内容2,ティータイム選考

次に、ティータイム選考というスタイルを取る会社もあります。
これは、あまり聞いたことのない採用試験内容かもしれませんが、外資系の航空会社のキャビンアテンダントの試験や、とある秘書業務を主とする会社の試験などによく見られます。

~対象者は女性!普段の立ち振る舞いが見られる~

女性を対象とした試験内容であることがほとんどです。
ティータイム選考は、テーブルの上にケーキなどのお茶菓子と飲み物があり、それを飲食しながら複数人で談笑するものです。
この採用試験のスタイルは、やはり話の内容ではなく、就活生の立ち居振る舞いを見ます。
ケーキの食べ方、座り方、人の話の聞き方などです。飲食をしながら同年代の方と談笑していると、ふいにいつもの素が出てしまうことがあります。
このような業界を志望する方は、普段からの立ち居振る舞いを美しくできるよう、練習しておきましょう。

採用試験の内容3,アドリブ式の面接

最後にご紹介する採用試験の内容は、アドリブ式の面接です。
これは企業によって様々ですが、「あるキーワードを使って物語を作ってください」「今までのあなたの人生をプレゼンしてください」「あなたを家電に例えると?」など面接対策として考えられる内容を逸脱するような質問をされることもあります。
どのように対策するべきでしょうか。

~本や新聞などで語彙力と知識を日々増やしていくこと~

それは、語彙力とアイディアを豊富に持ち合わせるよう日々努力することです。
難しいですが、本や新聞を読んで自分の知識の引き出しを増やしたり、毎日様々なことに興味を持ち、自分の意見を常に持つことなどが大切です。
これは1日でできることではありません。
努力していれば、どんな質問にもしっかりと返答ができるようになるので、全てに採用試験に太刀打ちできるどしょう。

採用試験の内容は多種多様!日々の努力が功を奏する

以上、採用試験の内容についてご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。
実際に、ここには載せきれないほどの採用試験があります。
内容は様々でも、あなたの人間力が試されていることは変わりありません。
それを乗り越えるには、日々の努力が功を奏するといっても過言ではありません。ぜひ、今からでも意識しはじめてみてはいかがでしょうか。