採用試験のグループワークを突破するためのコツ | 新卒就活.com

2016/08/04更新

採用試験のグループワークを突破するためのコツ

採用試験にグループワークを設ける企業が年々増えています。
グループワークで個性を発揮して、面接官の印象をアップさせることができれば後々の選考に有利になる可能性が高くなります。
グループワークという大事な選考を乗り切るためには、どの様な考え方で臨めば良いかここでお伝えします。

グループワークで求められるもの

meeting-business-936059_640

採用を決定付ける基準は数多くあります。
集団面接や個別面接は必ず通る道ではありますが、グループワークを採用の基準に設けている企業も年々増えています。
企業の一員になれば組織として個人の役割を担っていくことになり、組織に属している以上は上司や同期内での協調性が求められます。

●周りとの協調性や自分の意見を発言する自発性!

グループワークは周りと協力して進めていきますので協調性が問われます。
さらに自発性もって与えられたテーマに対して発言ができるか面接官から見られています。
また、グループワークでは元々知らされていないテーマを与えられるため、その場で乗り切るための思考力も問われます。

グループワークで採用されるためのポイント

採用が決まり企業に属することになった後は必ず月に1回から2回は会議が開かれます。
会議の場では数多くのテーマを議題に挙げて話し合いを進めますが、その目的はどこの企業も共通していて、解決策を皆で導き出すことです。
グループワークというのは本格的に仕事に臨む時を想定して行われるものです。
協調性を持って役割を全うするのも大事ですが、全く発言しなければおそらく採用の道は難しいでしょう。

●採用されるためには自分の意見を必ず発言する必要がある!

与えられたテーマに対して自分自身が抱いた意見を発言するというのは何より大事です。
もしグループワークで全く発言できなければ面接官はこう思うでしょう。「会議の場で自発性もって発言できないかもしれない」。
面接官は正解は求めていません。発言をすることで議論が前に進み、空気を変えられる就活生は有利になります。

グループワークで採用されるためのコツ

グループワークは一人が勝手気ままに発言しても意味がありません。
司会やタイムキーパー、書記といった役割があり皆で協力しながら進めていきます。
もしご自身が営業職を希望しているのであれば書記ではなく司会やリーダー役を担うと面接官から好印象を受けるでしょう。

●希望する職種に合った役割を担う!

営業職というのは率先して契約を獲得しなければなりません。
そこでは提案力やコミュニケーション力が必要になるため、グループワークでは自発的に発言や提案できる役割を担って、採用担当者にアピールしましょう。
また、事務職を希望している人もいます。
そういった方は書記の役割を担い正確さとスピード感をアピールできれば採用への道に一歩踏み出せます。
営業職を希望しているにも関わらず書記をしてしまうとせっかくのアピールが出来ません。採用を勝ち取る人は周りに遠慮せずアピールできる人です。

グループワークで採用されるためには周りとの協調性と自発的に発言する姿勢

グループワークでは何を求められどういった考え方で臨めば良いかお伝えしてきました。
簡潔にまとめると、大事なのは遠慮せず役割を全うする姿勢です。
グループワークに苦手意識を持ってしまい何もアピールできなければ中々採用はされません。グループワークは自発性や協調性が養われ人を成長させる場なので楽しく臨みましょう。