探究心の自己PRは効果的?最大限にアピール際の3つの必勝ポイント | 新卒就活.com

2016/09/13更新

探究心の自己PRは効果的?最大限にアピール際の3つの必勝ポイント

探究心を自己PRする際の効果的な方法についてご紹介します。
自己PRはエントリーシートや面接などでも質問されることが多い、定番な内容です。
ですが定番なだけに、その人の人柄がよくあらわれる質問となっています。
以下で探求心を自己PRする場合のポイントをみていきましょう。

探究心を自己PRする方法1,好奇心との違いを理解する

shaky-bridge-838061_640

探究心とは物事を深く追求する精神を表した言葉であり、仕事においてもおおいに必要となることの1つでせ。
そのため探究心を上手に自己PRできればその分内定に近づくことが出来ます。
しかし探究心を自己PRする人がよくやりがつなのが間違って好奇心が旺盛であることをアピールしていることです。

~探求心とは物事を深く追求する・好奇心は様々なことに興味を持つこと~

物事を追求するのに対して好奇心が旺盛ということは色々なことに興味を持つというだけで面接においてアピールにはなりません。
間違っても「私は好奇心が旺盛です」なんてアピールはしないでください。
探究心と好奇心の違いを理解した上で自己PRを作りましょう。

探究心を自己PRする方法2,シンプルにまとめる

自己PRで上手に探究心をアピールするには、話すことをできるだけシンプルにまとめた方がいいでしょう。
あまりに長々と話をしては肝心のアピールした探究心がぼやけてしまうので注意が必要です。
以下のような構成を参考に考えてみましょう。

■結論
私の強みは探究心があることです。
■具体例
〜のときにもっと深く知りたいと思い追求しました。
■結果
その結果〜ということを知ることができました。

~探究心の自己PRは3部構成に留めておくとシンプルで伝わりやすい!~

このように探究心の自己PRは3部構成に留めておくとシンプルで伝わりやすくなります。この構成は自己PRする際にとってもオススメです!
しかし自己PRがシンプルな分話を掘り下げていく質問をされる可能性が高いのでしっかりと準備しておきましょう。

探究心を自己PRする方法3,例文を参考にする

「私を一言で表すのならば【切問近思】です。身近なことへの探究心は誰よりも強いと自負しております。
幼少の頃よりなぜ星は光るのか?なぜ海は青いのか?のような身近なことに疑問を持ち、さらに書籍等を用いてその理由を探求するということを繰り返し行ってきました。
その結果物事を合理的に捉える思考力と柔軟性が身につきました。」

~自己PRの内容は簡潔明瞭がベスト!~

この例文はかなりシンプルに探究心を自己PRしています。こんなに簡単でいいのか?と思われるかもしれませんが。
探究心を自己PRするときはこれくらいシンプルな方が言いたいことがしっかりと伝わります。

探究心を自己PRする際は結果的に何を得たのか伝えることが重要!

例文の最後には探究心の結果「合理的な思考力と柔軟性」を手に入れたと書いてありますが、これが1番重要な部分です。
ただ何かに興味をもって調べたでは先にも述べたように好奇心が旺盛なだけになってしまいます。

探究心とは物事を追及した結果得るものが必ずあるのです。
そのため、何を得たかを伝えることが自己PRで探究心をアピールする上で大切となってきます。
自己PRで探究心をアピールすることは簡単なように思えますが、探究心を上手にアピールすることができなければまったく違った捉え方をされてしまうので細心の注意が必要でしょう。