新入社員に支給されるボーナスの実態 | 新卒就活.com

2015/12/16更新

新入社員に支給されるボーナスの実態

新入社員として入社してからは、毎年楽しみとなるのがボーナスです。
夏季休暇や年末年始で何かと入り用となる時に、ボーナスが支給されると嬉しいものです。
ところで、入社したばかりの新入社員は初年度に幾らボーナスを貰えるのか、気になるものです。

新入社員に支給される夏のボーナス

gahag-0035766924-1

新入社員が最初に支給されるのは夏のボーナスとなるのか、気になるところです。
夏のボーナスの査定期間は、実は前年の10月から3月とするところが多いものです。
一方で新入社員は4月に入社することが多いので、夏のボーナス査定からは外れていることになります。
その点からすると、ボーナス支給は無いことになります。

●夏はボーナス査定期間から外れている場合が多い!

ボーナスは業績に応じて、利益を還元する目的となるものです。
けれどもそれ以外に、従業員のモチベーションを高める役割も持つことになります。
そのために、新入社員にも少しですが支給する企業は多いものです。
また、責務を課せられる立場ではないので、成果報酬としての性質は低くなります。

ボーナスの内容について

そもそも、ボーナスは成果報酬としての部分と平等に利益分配される部分とに分かれます。立場として責務が重くなるほどに成果報酬の割合が多くなるのが一般的です。
新入社員の場合には、まだそれほど業績への寄与率がそれほど高くないものですし、期待もされてはいないものです。
そのために、成果報酬分の割合はさほど高くはないものとなります。

●新入社員のボーナスは今後の期待を込めた金額

新入社員が受け取るボーナスの金額としては、もちろん企業によって異なります。
けれども一般的には数万円程度となることが多いものです。
これはボーナス査定期間には職務に就いていないことから考えると、これからの期待を込めた金額と考えることができます。

新入社員に支給される冬のボーナス

新入社員は冬のボーナスはきちんと、査定期間には就業していることになります。
それでは幾らくらい支給されるのかと期待も膨らむものとなります。
けれども実際のところ、まだそれほどの金額は支給されないケースが多いものです。
ある程度の年数が経つことで、成果報酬分の割合が増えてくるからです。

●初年度は寸志程度も支給されない!

ここまでは大手企業の場合となりますが、中小企業の場合には多少事情は異なります。
新入社員の場合には初年度は、寸志程度も支給されないところが多いものです。
そもそも中小企業は4割ほどがボーナスは支給されていないというデータがあります。
あるいは逆にベンチャー企業の場合には初年度から多くのボーナスが支給されるケースもあります。

新入社員のボーナスは出ない!もしくは寸志程度支給される!

このように、新入社員の場合には初年度はボーナスは出ないか、あるいは良くて寸志程度が支給されることになります。
また成果報酬の比率も最初は低めとなりますが、次第に業績への寄与率が高まることになります。
その結果、ボーナスの支給金額に差がつくようになります。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆