新入社員代表挨拶で確実に好印象を与える方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

新入社員代表挨拶で確実に好印象を与える方法

入社式で新入社員代表挨拶を任されると、何を言おうか頭を悩ますものです。
出来れば良い印象を与えたいですからね。ですが、それ以上に大切なことがあります。
それが、悪い印象を与えないということです。
そこでここでは、入社式で新入社員代表挨拶をする際の注意点を紹介します。

新入社員代表挨拶の方法1,今後の抱負を語る

cherry-blossom-476583_960_720
新入社員代表挨拶では、これからの展望ややりたいことを語ると良いです。
ですが、そこで行き過ぎてしまい、面接の自己PRのようになってしまうということは、絶対に避けなければならないことです。
新入社員代表挨拶で自己PRのように自慢話などをされたりしていては、聞いてるほうもイライラするでしょう。

●漠然とした目標くらいで十分!!

面接などでは、具体的に語ることや根拠を示すことが大切でしたが、入社式はあくまでも式典ですから、根拠や具体性などは不要なのです。
ですから、なるべく漠然とした目標を語るくらいでちょうど良いのです。
「一日でも早く現場に立ち、一日でも早く戦力なれるような力をつけたいです。」とか、これくらいがベストでしょう。

新入社員代表挨拶の方法2,1分でまとめる!

新入社員代表挨拶は、ついつい緊張して早くしゃべりすぎてしまうものですが、それでは何が言いたいのか全く伝わらないでしょう。
そうなると何言っていたのか良くわかない人、配慮がない人として印象が悪くなってしまう可能性があります。
そうならないようになるべくゆっくりしゃべるようにしてください。ただし長いのもNGです。

●挨拶は長過ぎると内容が入ってこない!!

長い新入社員代表挨拶というのも、印象が悪くなります。
社長の挨拶が長いならまだ目上の人だから理解できるでしょう。
しかし、新入社員という明らかに下のものの挨拶が長いというのは、明らかに失礼です。
さらには、内容が入ってこなくなります。それは早く喋っているのと同じですよね。
ですからそうならないように、ゆっくりしゃべって1分くらいになるようにしていきましょう。

新入社員代表挨拶の方法3,前を向いて話す

とてもシンプルなことではありますが、前を向いてしゃべるようにするということも、新入社員代表挨拶では大切なことです。
前を向いてしゃべるようにすると、声が明るく聞こえるようになりますし、表情が分かるので印象がよくなります。
しかし、下を向いて喋っていると、それだけで声が暗くなりますし、表情がみえないのでやる気が感じられません。新入社員らしいフレッシュさはみじんもアピールできないでしょう。

●新入社員らしいフレッシュさをアピールしよう!

新入社員代表挨拶では、フレッシュさのアピールが大切だったりします。
フレッシュさをアピールすることで、かわいい新入社員として扱ってもらえるようになるのです。
その印象が与えられないということは、フレッシュでない印象を与えることとなります。
つまり可愛くない新入社員、印象が悪い新入社員となるのです。
そうならないように、前を向いて話せるよう心がけて下さい。

新入社員代表挨拶で話す目標は漠然とした内容がベスト!1分でまとめること

以上、入社式で新入社員代表挨拶をする際の注意点のご紹介でした。
新入社員代表挨拶では、こうしたことに気をつけるようにしてみてください。
簡単なことですが、とても効果があることでもあります。ぜひ参考にして悪い印象をさけていってください。