新卒と中途採用の違いについて | 新卒就活.com

2016/08/04更新

新卒と中途採用の違いについて

新卒と中途採用の違いを把握していますか?
転職活動では、第二新卒と言えど中途採用であるデメリットを知っておくべきです。
とはいえ、新卒と中途採用の全てにおいて転職者にデメリットがあるわけではありません。
これから就職する人、転職活動する人も基礎知識として、しっかりと理解しておきましょう。

新卒と中途採用の違い1,期待値

work-993331_640
転職活動をしていく上で必要となってくるのが、『新卒と中途採用の違い』です。
世論的には、新卒採用の方がメリットが大きく、企業側からすると将来性を含めた期待値はとても大きいものです。
すべてが真っ白で教えたことを全て飲み込んでくれる新卒と違い、中途採用者には第二新卒といえどすでに「色付け」が住んでしまっています。
とはいえ、中途採用者にまったくのデメリットがあるわけではありません。

●中途採用の即戦力を職務経歴書でアピールできる!

新卒と中途採用の違いについて考えたとき、中途採用者にとって武器になりえるのが『経験』です。
すでに社会人としての経験・知識を身につけている前提なので、イチからすべてを教える必要はない、ということです。
とはいえ、どういった経験をしてきているのかは、実際に働きを見てみなくてはわからないもの。
そのため、何を学んで身につけてきたのか・……新卒に肩書き負けしないためにも、職務経歴書をしっかりと充実させなくてはなりません。

新卒と中途採用の違い2,ビジネスマナー

新卒と中途採用の違いのふたつめは、ビジネスマナーです。
先で述べたように、中途採用者には社会人としての経験があります。
そのため、企業側としては当然、第二新卒であろうが最低限以上のビジネスマナーを持っている前提で採用に取りかかってきます。
新卒がマナー的に足りない部分があっても「伸ばせばいいか」と妥協されるのに対し、中途採用者にはそういった甘えは通用しないということです。

●中途採用は面接でのマナー違反は許されない!

では中途採用者が新卒の上を行くアピールをするにはどうすればよいのか。
それはいたって単純で、たとえば面接の場面。入室マナーから挨拶、体質の態度まで、すべてにおいて経験ある振る舞いをすればよいのです。
もちろん、事前にビジネスマナーの復習をしておくべきです。
しかしそれ以上に、自信を持って多少の威厳をかもした態度で安定感を面接の場でアピールするべきなのです。

新卒と中途採用の違い3,意欲と姿勢

新卒と中途採用の違いの3つ目は、実際に顔合わせをしたときの印象、つまりは意欲や姿勢から見られるその人の人間性です。
先で述べた安定感を…とはいえ、やはり採用する側からすれば人間性も採用の基準になります。
いくら落ち着いているとはいえ、即戦力となるスキルを持っているとはいえ、新卒の元気な笑顔、姿勢、雰囲気に負けてしまうことだってあるのです。
意欲を持って取り組む姿勢を持っている。このアピールも当然必要、ということになってくるのです。

退職したことをマイナスイメージにしない!前向きな姿勢が重要

新卒と中途採用の違いにおいて、この「印象」の部分はどうしてもマイナスになってしまいがちです。
それは第二新卒といえど、退職の経験があることからも明らかです。
そのため、そういったイメージを払拭するためにも、退職理由を採用側からつつかれたときにも、悪い印象を与えないような転職理由を考えておきましょう。
社内の不満を言う中途採用者より、やりたいことがあると力強く前のめりになるような中途採用者のほうが魅力的なはずです。

新卒と中途採用の違いは企業からの期待値・マナーの出来・印象

新卒と中途採用の違いについてみてきましたが、いかがでしたか?ここで述べたような新卒と中途採用の違いをしっかりと把握さえしておけば、いざ転職活動する際にもマイナス要素は出てこないはずです。
まずは「自分は新卒よりもキャリアがあるんだ」と自信を持つことです。
第二新卒であろうがあなたが培ってきた社会での経験は、新卒の元気いっぱいな意欲なんかには負けないはずですよ。