新卒と第二新卒の違いについて | 新卒就活.com

2015/11/09更新

新卒と第二新卒の違いについて

新卒と第二新卒の違いについてご紹介します。
就職活動においては学生が卒業前に就職活動を行う場合の扱いが新卒だというのは以前からよく見ると思います。
しかし、ここ2、3年で第二新卒という新しい枠や名称による募集をする企業が増えています。
その違いや時代の背景、ポイントについて詳しくお話します。

新卒と第二新卒の定義について

abstract-13640_640
新卒と第二新卒の違いは、大きく分けて学生で就職活動をするか、卒業後に就職活動をしているかになります。
基本的に新卒は、学生として一斉に始まる就職活動に臨んで、内定を勝ち取ります。
採用側は、若い人材の大量の人材を一気獲得することができるので採用活動に力を非常に入れております。
学生には、熱意や可能性など会社の幹部候補として求めテイル場合がほとんどです。

~学生で就職するのが新卒・入社した会社を3年以内に退職して転職するのが第二新卒~

違って第二新卒とは、新卒で入社した会社を3年以内に退職してしまい、転職活動などを行う若者のことを指します。
採用側が新卒と求めているものは大きく変わりませんが、一度社会人として仕事の経験があるので、最低限のマナーやスキルを身につけており、すぐに即戦力として扱えるので求人が増えています。

新卒と第二新卒がある背景とは??

新卒と第二新卒が存在する背景は、時代の変化や若者の早期退職の増加にあります。_
インターネットの発達やスマートフォンの増加、グローバル社会に突入したことによる時代の変化に対応できない企業が増加しており、すぐにでも即戦力として使える人材を求めているのがあります。

~20代の若年層の3年以内の離職が近年増加傾向にある!~

また、特にゆとり世代と呼ばれてる20代の若年層の3年以内の離職が増加傾向にあり、新しい人材の補充に新人を取るよりリスクが少ない点で第二新卒が注目されています。
第二新卒は、やめた新卒の穴を埋めるためにまた採用に時間や研修などの費用をかけるには会社側としてリスクになります。

~社会人マナーやスキルがあるため即戦力として使えるメリットがある~

そのため、一定の社会人マナーやスキルを身につけた第二新卒なら無駄な研修などいらず、すぐに即戦力として使えるメリットがあるからです。

新卒と第二新卒のアピール方法について

新卒と第二新卒それぞれのポイントは、基本的に未来への可能性や会社への熱意がもとめられていることです。
新卒は、もちろん会社での将来的な活躍を見込んで採用されるために熱意や今後の活躍がイメージできるを伝えなければならないです。

第二新卒は、新卒での求められている部分にプラスで入社後にどんな経験をしたのか、どういったことが今後できるかなどの採用側に明確な可能性が伝わる自己PRなどをしなければならないです。

~第二新卒の場合はポテンシャルだけでなく将来の可能性を示すことが重要~

これから、急激なスピードで時代が変化していく中でさらに多様な採用の形がうまれるかもしれないので、さらに若年層には色々な仕事をする選択肢や可能性が広がっていくと考えられます。
そのためにしっかりと就職活動をすることが大切です。

新卒と違い第二新卒は社会人のマナーやスキルを持っているとみなされ即戦力扱いにされる

新卒と第二新卒は、定義もしかり、それぞれ企業に求められる部分に違いがあります。
同じ「新卒」という言葉がつくものの、新卒学生のうちに就職することであり、第二新卒は一度就職したものの、3年以内で退職してしまい転職活動をしている求職者を指します。
若者側からすると、色々な仕事の選択肢や可能性が広がっているので、どんどん情報収集をして、就職活動に活かしていくことが大切になります。