新卒の就職で失敗しないための3つの心得 | 新卒就活.com

2015/11/13更新

新卒の就職で失敗しないための3つの心得

新卒の就職で失敗しないための心得をご紹介します。
新卒の就職で失敗しないために重要なことは、視野を広くすることです。
一件他人から失敗に見えることであっても、その経験から学んだことが大きければそれだけプラスになります。
短期的な視野にとらわれるのではなく長期的な視点を持つことも重要です。

新卒の就職で失敗しないための心得1,早めの行動が大事

child-779370_640

新卒の就職は就職活動の解禁前から備えることが重要です。
就職活動の解禁前にインターンシップに参加することや、OBやOG訪問をして情報収集にあたることなど、出来る事は山のようにあります。
一方でありがちなのは、出来ることが多いからとやたらと予定を詰め過ぎてどれも中途半端になってしまい、結果として失敗してしまうことです。
失敗したら、予定の詰められる限度を学ぶなど次の経験に即座に活かす必要があります。

~中予半端にならないために予定を詰め込み過ぎないこと!~

中途半端にならないためにも、行動する際はある程度のハードルを設けることがお勧めです。
新卒だから何もわからないのではなく、わからないことは積極的に聞きに行くことなど、自分を良い方向に変える目標を決めるのです。
達成感は自分を磨き、達成できなくても自分の限界を知り、また挑むチャンスとなります。

新卒の就職で失敗しないための心得2,メンタルの強さが必須

新卒の就職で身に着けたいことは、メンタルの強さです。
特に、一度失敗をしてしまうと、さらに失敗を重ねてしまうケースも多く、雪だるま式に不安が大きくなってしまうケースがあります。
重要なのは、より大きな失敗をしないために自分をコントロールすることです。失敗は誰でもあることで、それを取り戻すための努力などの方が重要になる事もあります。

~失敗した原因を追究して次へ活かせるよう改善してく姿勢が重要~

就職活動を始めて行う新卒は、それだけ些細な失敗も多くなりがちです。
落ち込んで学習することも重要ですが、そこからの回復力が勝負を決める事も多いのです。
面接で、仕事で大きな失敗をしたらどうするか等と聞かれる事も良くあります。普段の姿勢から耐性をつけることも重要なのです。

新卒の就職で失敗しないための心得3,失敗も勉強だと割り切る

新卒の就職で見つかることが多い課題に、不測の事態に弱いことががあげられます。
特に、受験の失敗などの経験をせずに、順調に進学をしてきた人ほどこの傾向が強くなります。
また、アルバイトなどで外で働いたこともない人もこの傾向があります。
仕事上の失敗は、自分が失敗したことでなくても連帯責任などで改善を問われることや、人間関係のコミュニケーション不足から怒られることも多いものです。

~失敗してもすぐに気持ちを切り替えるのがポイント~

これはある程度の経験を積まないと生れないもので、実際に就職してからも壁にぶつかる人は少なくないのです。
アルバイトやインターンで経験を積む方法もありますが、新卒の内は失敗するのも勉強だと割り切るのも重要です。
反省は重要ですが、前述の通り回復力なども求められ、次の瞬間には切り替えなければ仕事にならないこともあります。
それが就職活動であっても、学んで活かすことが重要なのです。

新卒の就職における失敗は勉強の内だと割り切って次に進むことが重要

新卒の就職は激しい競争にさらされる事になり、時には失敗をしてしまうことがあります。
しかし、些細な失敗や挫折の経験は自分を育てる糧だと切り替えられるかどうかが、実際に就職してからの行動にも影響を与えます。
成長しようとする意志と、良い意味での図太さが社会生活では重要であり、就職活動でも求められる能力なのです。