新卒採用の紹介事業とは?就活生が知っておくべきこと | 新卒就活.com

2015/11/13更新

新卒採用の紹介事業とは?就活生が知っておくべきこと

新卒採用の紹介事業とは?就活生が知っておくべきことをご紹介します。
新卒採用の中でも条件を厳しくしたい企業や、人材がなかなか集まらない企業が多くあります。
そんな中、人材紹介サービスを利用する利用するケースも増えており、学生の登録数も増えています。
詳しいサービス内容とその背景に迫ります。

新卒採用の紹介事業とは1,登録したら企業からのオファーを待つだけ

06-55-20-299_640
人材紹介は新卒者、既卒者を問わず、サービス会社に登録し、企業からのオファーを待つのが通常です。
登録の際は学歴だけでなく、自分の持つスキルや、経験、志望する職種や性格傾向などを申告します。
サービス会社はどんな人材がいるかを把握、分析し、新卒採用を受け入れている会社には新卒採用者を、経験や技術を積んだ人材を求めているなら経験豊富な人材を紹介する形になります。

~エントリーを代行してくれるため登録者の負担が少ない~

企業は自社の応募条件と人物のマッチングなどを行い、採用試験などのオーダーを出します。
そうした成果が出た場合はサービス会社に成功報酬が支払われる仕組みになっています。
サービス会社が複数の会社のエントリーを代行してくれるため、登録者の労力は大きく削減されます。
また、希望に合わない人物はサービス会社側で選別することから、企業側にも選考が労力が削減できるメリットがあります。

新卒採用の紹介事業とは2,非公開求人に応募できる

広く行われている会社説明会ですが、合同にせよ自社による開催にせよ、参加、主催すれば膨大な人件費や資料の作成費が必要となります。
会社説明会を開いても、望み通りの人材が集まるとは限らないのが、大企業にとって悩みの種です。
また、中小企業やベンチャー企業では、自治体の補助などがなければとても説明会を開催する余裕がないと言った悩みも多くなります。

~隠れた優良企業や人材を厳選したいベンチャー企業を紹介して貰えるチャンス!~

人材は欲しくて大々的な募集が難しいケースもあるのです。
人材紹介サービスは成功報酬制なので無駄なコストを削れるのがポイントです。
また、登録した学生側も、隠れた優良企業や、人材を厳選したいベンチャー等を紹介して貰えるチャンスです。
新卒採用でも会社によってスタンスは様々です。採用担当の人数が少ないことから新卒採用はすべて非公開で行う企業もあり、大きな可能性を秘めているのです。

新卒採用の紹介事業とは3,サービス会社と企業の信頼の上から成り立っている

人材サービス会社も採用する側も新卒採用には真剣になります。
サービス会社は完全成功報酬のため、紹介が上手くいかなければ収益をあげられず、収益をあげられても離職率が高ければマッチング能力が低いとみなされ、信用がなくなります。
企業の方も優秀な人材が欲しければそれだけ厳選しなければ成功報酬の払い損になってしまう可能性があり、また迅速な意思決定をしなければ人材が何時までも増えない可能性もあります。

~人材サービス会社にプロフィールを登録した時点で厳しいチェックが入る~

状況的には、人材サービス会社にプロフィールを登録した時点で、一次面接ような厳しいチェックが入ることもあるのです。
厳しいチェックを経た上での新卒採用の判断であれば、実際の面接などでもプラスに働きます。
通常の就職活動だけでなく、人材紹介サービスに登録を行うことは、企業にも自分にも大きな可能性を与えることになるのです。

新卒採用の紹介事業を利用することで企業と就活生のミスマッチを防ぐことにつながる!

以上、新卒採用の紹介事業とは?就活生が知っておくべきことをご紹介しました。
人材紹介サービスはキャリアを積んだ人間の転職のために広く活用されてきていましたが、人材確保の競争が激しくなるとともに新卒採用向けにも使われるようになりました。
市場は拡大の一途をたどっているため、サービス会社も増えています。
複数の会社に登録し、厳選して企業を選べば、明るい未来が更に近づくのです。