新卒社員に支給される夏と冬のボーナスの平均額 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

新卒社員に支給される夏と冬のボーナスの平均額

新卒の社会人は入社して間もないため、実績には乏しいですがボーナスの平均の支給額はいくらぐらいなのでしょうか?
また夏と冬の2回でボーナスはしっかりもらっているのか?
新卒の社会人はいくらくらい貰えるのかも知りたいですよね。
今回は新卒社員たちのボーナス事情をご紹介したいと思います。

新卒の夏のボーナス平均額

clouds-863059_960_720
新卒の社員たちの初めてのボーナス支給は夏頃となります。
しかし入社して間もない新人であるため、評価しようにもできない状態であるため、多くの企業が夏のボーナスには寸志程度で支給しているところが多いようです。
また、公務員の夏のボーナス支給日は6月30日前後となっていますが、まだ研修真っ只中であるため仕方ないところです。

●新卒の夏のボーナス平均額は10万円程度

寸志程度でも支給されるだけありがたいことで、企業によっては一切支給しないところもあります。
夏のボーナスで新卒の社員が貰える金額は大卒で平均10万円となっており、研修をこなすだけでこの支給額は十分であるといえます。
基本的に新卒の社員のボーナスは冬以降が一般的であるため、夏以降しっかり働いて冬のボーナスをしっかり受け取りたいところです。

新卒の冬のボーナスの支給額

冬のボーナスとなれば、新卒の社員といえどしっかりと支給されるようになります。
夏はどちらかといえば寸志と呼ぶにふさわしいものでしたが、冬のボーナスでは大卒の新卒の社員であれば平均22万円となっています。
おおよそ1か月分の給料に相当する金額が支給されるようで、新卒1年目であればこの金額でも納得です。

●新卒の冬のボーナスは平均22万円とおよそ1か月分の給料!

ボーナスは企業が定めている一定の評価基準に基づいて査定されており、そのため新卒1年目の社会人でもその評価期間に入っています。
しかし社会人的にもスキル的にもまだ未熟な面があるため、給料の1~1.5カ月が平均的な支給額となっているようです。
一生懸命に頑張ることで評価も上がるはずなので、2年目の夏以降はガッツリ貰えるように努力を重ねることです。

平均支給額から見る新卒のボーナス

新卒の社員に対してボーナスを支給すること自体が稀であるため、夏は寸志程度でも支給されるだけ十分であるといえますし、平均の支給額に関しても10万円は多いです。
また冬のボーナスも働いて間もない新卒の社会人に平均1ヶ月以上の支給額を与えているのも十分すぎます。
それほど実績がないにも関わらず受け取れるのは、会社の親心を感じるべきところです。

●ボーナスは必ず貰えるわけではない!!

ボーナスは必ず貰えるものではないため、支給されれば会社に感謝の意を表すべきです。
企業や職種によっては1年目からでも平均2か月分以上を受け取る人もいますが、普段の業務をしっかりとこなしている評価されての金額であると思います。
ボーナスの金額はその人の評価を数字に置き換えたものであるため、その数字に向き合ってこれからも頑張るという意気込みを持っていきましょう。

新卒ボーナスの平均支給額は夏は10万程度・冬はおよそ22万円!!

新卒の社員に対してボーナスが支給されるのは非常に有り難いことであると考えましょう。
その平均額もなかなか高い結果となっていますので、企業が新卒の社員を大切にしたいという気持ちの表れでもあります。
そのため少ないと文句を言わず、その気持ちを汲み取って頑張っていこうと前向きに働いていくべきであるといえます。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
【通過率100%!】ディスカッションで必要とされる3つの役割
誠実な内定辞退の方法。終わり良ければ全てよし。
最終面接・役員面接で就活生がしておきたい逆質問リスト

一次面接・二次面接・最終面接で変わる事前準備の中身
☆ ★ ☆ ★ ☆