新卒者が合同説明会に参加する際に必要な心構え | 新卒就活.com

2016/09/12更新

新卒者が合同説明会に参加する際に必要な心構え

新卒者が合同説明会に参加する際に必要な心構えについてご紹介します。
合同説明会は就活生にとって欠かせないイベントとなっています。
就職活動の指針を定めるキッカケにもなりますし、本選考へそのまま進めるチャンスもあります。
合同説明会に参加する際に必要な心構えをおさえて、有意義な時間にしましょう。

合同説明会とはどのようなものか?

PAKS_bigsite1firiguchi-thumb-1000xauto-15455
企業が個別に説明会を行うことは当たり前だと言えますが、個別の説明会に参加するのは目標の企業が決まっている場合が多く、まだ企業を絞り込めていない場合は参加し辛いものです。

●複数の企業が合同で1つの会場で説明会を行う!

そのような新卒者を対象としているのが合同説明会と呼ばれる説明会です。
複数の企業が合同で1つの会場で説明会を行うため、今から就活を行う新卒者には非常に便利な説明会だと言えます。
基本的には合同説明会という名前ではありますが、それぞれの企業ブースに分かれているため、自分の興味のある企業だけを選んで説明を聞くことも可能ですので、かなり自由度の高い説明会だと言えます。

新卒者が合同説明会へ参加する場合の注意点

新卒者を対象とした合同説明会は、基本的には企業の説明がほとんどです。
ですが、企業側が参加している新卒者の動向を企業側が知るための説明会でもあります。

●新卒者の振舞いはチェックされている場合も!

そのため企業ブースで説明を聞く場合、名前などを記載したカードの提出が必要な企業も多く、合同説明会の会場ですでに有望な新卒者探し、注意すべき参加者等のチェックが始まっていると言えます。
そのため合同説明会は単なる説明会だと言う気持ちで参加してしまうと、企業にチェックされており後々の就活にも影響が出てくる場合もあります。
その為、参加する先には就活は始まっているという気持ちで参加をしなくてはいけません。

合同説明会へ参加する新卒者の服装について

新卒者対象の合同説明会へ参加する場合、参加の服装はどのような服装が好ましいのでしょうか。
新卒者対象ということもあるため、一見気楽な感じのする合同説明会ですが、その内容は決して気楽なものではありませんから。
就活をする格好、ビジネス的に失礼にならないような格好での参加が望ましいと言えます。

●リクルートスーツが無難!身だしなみもきちんと整えておくこと

そのため出来ればリクルートスーツでの参加がベストだと言えます。
身だしなみも整えて参加をするほうが企業に与える印象も悪くならないと言えます。
合同説明会での印象はその後の就活にも必ず影響が出ますので、特に注意が必要です。

新卒者は合同説明会に参加する前にしっかりビジネスマナーを学んでおくこと!

合同説明会では新卒者のビジネスマナーもチェックされている場合が多いです。
説明会での受け答えが不十分な場合や言葉遣いが悪い場合、マナーが全く出来ていない場合にはその後同じ企業の単独説明会などに参加した場合に、厳しくチェックされる可能性があります。

本来合同説明会とは企業と初めて対面して採用担当者と直に話が出来るチャンスですから、合同説明会に参加する時点でマナーや言葉遣いはきちんと受け答えが出来る状態にしておく必要があります。
それができないまま新卒者対象の合同説明会へ参加した場合、他の新卒者との比較もされてしまいますし、何より準備も出来ていない状態で合同説明会へ参加したと企業に思われてしまいますから、しっかりと準備をして合同説明会へ参加をしなければいけないと言えます。