新卒者採用で入社するための3つの心得 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

新卒者採用で入社するための3つの心得

日本では新卒は就職戦線で有利な立場と言えますし、新卒者採用で希望の企業に入れるかどうかは将来を決める重要ポイントになります。
企業側も新卒者は育成すべき人材であり、経験や実績ではなく育つことを期待して積極的に採用する傾向にあります。準備を整えて挑むことで採用の可能性を高めることが出来るものです。

新卒者採用で入社するための心得1,普段の行動や発言に責任をもつこと

blonde-677779_640
新卒者採用を得る為には企業によって段階は違うものの、基本的には履歴書作りを行って面接をいくつか重ねて、重役レベルとの最終面接を経て採用を勝ち取るということになります。
履歴書で重要なのは正しい情報を記載することであり、特にチェックされるのは志望動機の箇所です。
志望動機は、志望するの根拠を明確にした書き方がポイントになっていきます。

最近では担当者がSNSをチェックすることも普通になっており、ネット時代にネットリテラシーの低い志望者は警戒され、入社後に会社に損害を与えるリスクがあると判断されることにもなります。 
普段のブログやツイッター等での発言や写真のアップ等は、記録に残って世界中の誰でも見ることが出来ますから自己責任で行うことが必要です。

・志望動機の整理
・志望先企業の情報をチェック!
・SNSでの普段の行動や発言に注意!!

こういった点は押さえて、新卒者採用を勝ち取るには自己分析を行い、志望動機等も整理し、志望先の企業の分析を行い、面接で聞かれた時に困らないように準備する必要があります。

新卒者採用で入社するための心得2,面接では具体的な回答が重要

新卒者採用では履歴書が企業と繋がる一歩目になり、新卒は社会経験がない為に職務履歴書は必要ではないです。
書類大切なものですが、こうした資料よりも重視されるのは面接です。

面接では段階があり、企業によって進め方も違いますが、一般的には集団面接や個人面接、最終面接等の数段階を経て採用が決まり、特に大手になる程細かく面接を行う傾向があります。

・対人・対自己・対課題基礎力の確認をされる
・熱意の確認
・企業理念に共感出来るかどうか

新卒者採用はこれらを確認する面接で決まると言っても過言ではなく、面接経験がない新卒者は何を言えば良いか解らなくなることもあります。
自身の考えや方向が定まらずに面接を受けると、企業が求める人材像に無理矢理あてはめて偽ることは避けたいものです。
志望理由を答える時に社会貢献やキャリアアップという抽象的な表現を使わず、自身の経験を結び付けて具体的に答えていくことが必要です。 

新卒者採用で入社するための心得3,保険をかける

新卒者採用の面接を進める過程で、新卒者は様々な業種を受ける傾向にあり、質問でどのような企業を受けているか、進捗状況を尋ねられることもあります。
いずれにしても本命企業以外の企業から面接時にうちに来る気はあるのか?という質問が来た時には本命でなくても「OK」サインを出しておくことが望ましいです。 
採用を出してもらってその後断るというのは失礼と考えてしまいがちですが、後から断りの連絡を入れれば大丈夫ですし、入社意志を示すことは悪いことではないです。

・本命以外の企業から入社意志確認にはOKサインを出す
・後で断られたら困ると言われても入社前なので問題ない!

最終面接では企業理念や方向性への共感を確認することが主体になります。
本命ではない企業からの質問では答えにくいこともありますが、基本的に面接に挑む時はその企業の採用を貰うという目的で対応が望ましいです。

新卒者採用で入社するためのには企業研究・自己分析・事前の回答準備が必須!

以上新卒者採用で入社するための3つの心得についてご紹介していきました。

●日頃の言動に責任をもつこと(特にSNS)
●採用試験では面接が最重視されること
●第一志望に落ちた時のためにも保険をかける

新卒者採用では面接が最も重要な要素になりますし、企業の方向性を知ったり、自己分析や受け答えを明確にしていけば問題ないです。
面接で問われるポイントを押さえて、質問に対する答えを想定した上で準備して臨むと良いです。