新規採用について就活生が知っておくべきこと | 新卒就活.com

2016/09/15更新

新規採用について就活生が知っておくべきこと

新規採用について就活生が知っておくべきことをお教えします。
就活には新規採用と中途採用とがあり、それぞれに企業の採用する意図が異なります。
学生の場合、基本的に新規採用となりますが、なぜ企業が新規採用を確保したがるのか、新規採用とはどのようなものであるかを理解して就活を行う必要があるといえます。

新規採用について1,将来を担う人材

library-438389_640

就活を行なっていると、企業の求人の中には新規採用のみ、中途採用のみ、両方OKといった求人があるはずです。
なぜこのように分かれているのかといえば、中途採用と新規採用とでは採用する意図が全く異なるためです。
新規採用とはいわば一から仕事を教えていく必要があるため、長い時間をかけて社員を育てていく必要がありますが、中途採用の場合はどちらかといえば即戦力として働ける人をターゲットにしている求人だといえますので、人員補充という意味合いが強いといえます。

●中途採用は人員補充!新規採用は将来のために教育していく人材

そのため新規採用とは企業の将来を担う社員を教育して育てていくという意図が企業側にはあり、その企業の行く末を左右する大事な採用だとも言えるわけです。そのためどうしても審査が厳しくなるのは仕方が無いことだといえます。

新規採用について2,自分自身を成長させるチャンス

新規採用とはまっさらな状態で企業に就職することになるため、仕事に関しては全て一から覚える必要があるといえます。
そのため新規採用された場合には新人社員研修やセミナーといった講習を受けるのはもちろんのこと、仕事に関しても全て初めから覚えていく必要があるためすでに経験のある中途採用と比べると非常に苦労することが多いといえます。

●自分自身で仕事を吸収してやるという気持ちが重要!

しかしどのような企業に就職した場合でも新規採用とは楽なものでは在りませんし、自分自身で仕事を吸収してやるという気持ちが強ければ、自分の能力を伸ばしていくことが出来るのも新規採用ならではだといえます。
そのため気構えが出来ているかどうかで、新規採用後の仕事がどうなるのかも大きく変わっていきますし、入社試験の段階でやる気の見えない人材は新規採用されない可能性も高くなるといえます。
新規採用とは自分自身を成長させることが出来る最大のチャンスだと考えるほうが良いでしょう。

新規採用について3,企業に期待されている人材

毎年のようにたくさんの人材を確保する企業の多くは、新規採用者に大きな期待をしているといえます。
そういった意味では新規採用とは、企業に期待されている人材だといっても過言ではないといえます。
そのため企業側も人材確保に慎重になりますので、何度も面接を行なったり、筆記試験などで最低限どれくらいの能力が備わっているのか、企業への適応性はどうなのかを詳しく調べて選別するわけです。

●新規採用とは企業の将来に大きく影響する人材!選考もより一層慎重になる

ですからなかなか内定がもらえないという場合、企業の求めているところまで自分自信が達していないと考えたほうが良いですし、新規採用とは簡単なものではないとしっかりと認識する必要があります。
会社の将来を左右するわけですから、企業が慎重になるのは当然ですし、そういった意図があるということをしっかり把握して就活に臨まないと、採用されないまま就活が終了することにもなりかねないので、就活に対する考え方も重要になるといえます。

新規採用とは企業の将来を背負う人材=選考も厳しくなるのが当然!

新規採用とは企業の期待を一身に背負うことになる採用だといえます。
つまりその分、選考の慎重に行われるため、決して軽い気持ちで就職活動を行っていたら内定は難しと言えます。
この新規採用に対する企業の考え方を知れば、就活する自分自身の気持ちの持ち方も大きく就活に影響してくるといえます。
新規採用とは何なのか、企業が新規採用に求めているものは何かを今一度考えて就活を行なう必要があるといえるでしょう。