既卒が公務員の面接を突破する方法3つ | 新卒就活.com

2015/12/16更新

既卒が公務員の面接を突破する方法3つ

既卒が公務員の面接を突破する方法3つを紹介します。
既卒から公務員になるのは、新卒から公務員になるのに比べて難しいと言われています。
しかし、コツさえつかめばそれは決してそんなことはなくなるのです。
そこでここでは、既卒フリーターから公務員になるためのコツを紹介していきたいと思います。

既卒フリーターになった理由を述べる

gahag-0012422699-1
既卒フリーターから公務員になるためには、なぜ既卒フリーターになったのかということを説明できるようにしておかないとなりません。
というのも、既卒フリーターから公務員になるために面接を受けると、必ずなぜ既卒フリーターになったのかということを突っ込まれます。
ですから、それに対してきちんと答えないとならないのです。

●ネガティブな理由は避けよう

いくら答えを用意するといっても、就活に全て落ちてそうするしかなかったというようなネガティブな答え方では意味がありません。
どうしても公務員になりたかったからとか、一度本当にやりたいことを見直すためとか、少しでもポジティブな答えに聞こえるような答え方をしていきましょう。
すると既卒フリーターからでも公務員になることができるようになるでしょう。

既卒の期間で学んだことをアピール!

既卒フリーターから公務員になるためには、その既卒フリーターの期間で学んだことをアピールするということが重要になります。
その期間にしていたアルバイトからでも、その期間にたくさん勉強をしていたという経験からでも、周りとの環境の違いからでもなんでも良いです。
とにかくその期間を通じてポジティブな何かを得たことをアピールしていきましょう。

●ポジティブな姿勢は良いアピールとなる!

そういうネガティブな環境からでも何かを学ぼうとするポジティブな姿勢は、公務員になるためにとても良いアピールとなるのです。
公務員にはそうしたメンタルの強さが必要です。
ですから公務員の面接でこうしてメンタルの強さをアピールすることは意味があることとなるのです。既卒フリーターから公務員になりたければ前向きな姿勢をアピールしていってください。

将来のキャリアプランを明確にする!

既卒フリーターから公務員を目指す方の中には、とりあえず不安定な既卒フリーターではなく、安定した公務員になりたいと考えているだけの方もたくさんいます。
それはもちろん面接をする側の人もわかっていることです。そういう人たちはとりたくないですよね。ですから、そういう方たちと差別化を図るために、将来のビジョンを明確にしておきましょう。

●ビジョンがはっきりしていれば熱意が伝わる!

将来のビジョンがはっきりしているということは、ただただ安定したいから公務員になりたいというのではなく、きちんと熱意があるということです。
ですから、その熱意で差別化ができ、印象が良くなるのです。
これも既卒フリーターから公務員を目指すためには欠かせないことだと言えるでしょう。

既卒が公務員になるためにはポジティブな姿勢が重要!

以上、既卒フリーターから公務員になるためのコツのご紹介でした。
既卒フリーターから公務員になるためには、まずはこうしてマイナスポイントとなりうるところに対して対策していく必要があります。しっかりマイナスをなくして、そこから勝負していきましょう。