既卒が職歴なしで就活を成功させるコツ | 新卒就活.com

2015/11/11更新

既卒が職歴なしで就活を成功させるコツ

既卒が職歴なしで就活を成功させるコツをご紹介します。
職歴なしの既卒の方は、一度は社会人経験がある方や、新卒の方に比べて就活において多少不利になります。
ですから、ある程度工夫して就活を進めていかないと、スムーズには進まないでしょう。
そこでここでは、そんな方に向け、職歴なしの既卒の方が就活をうまく進めるための方法を紹介します。

既卒が職歴なしで就活を成功させるコツ1,ブランク期間を説明できるようにする

bridge-864996_640
職歴なしの既卒ということは、大学を卒業してから今までの間に謎のブランク期間があるということです。
職歴なしの既卒の就活では、まずそこについて突っ込まれます。
そしてそこで相手を納得させる理由がないと、そこでの就活は上手くいくことはないでしょう。
ではどういう理由なら相手は納得してくれるでしょうか。

~理由は目的意識があったポジティブな内容が好印象~

相手を納得させるための職歴なしの理由は、やはり、ポジティブなものでしょう。
たとえば何か叶えたい夢の為に時間を使っていたから職歴なしだと言われると、それだけの意思がある方としてプラスにとってもらえることもありますよね。
ただ職が決まらなかったとか、特に理由なく職歴なしだったというのに比べてはるかに印象は良くなるのです。ですからまずはそうしたポジティブな理由を用意していきましょう。

既卒が職歴なしで就活を成功させるコツ2,自分の強みが活かせる職場をみつける

職歴なしの既卒とは言えどもアルバイトなどはしていたことと思います。
ですから、そこで何らかのスキルを身に着けたり、何らかの経験を積んだりしてきたはずです。
それはれっきとして武器になります。
それならばそれを活かさない手はありませんよね。
既卒で職歴なしの方が就活をスムーズに進めようと思ったら、今あるそのスキルや経験を活かせるところを狙うようにしていきましょう。

~需要と供給が一致するとスムーズに進む!~

そうした需要と供給が一致していくと、ちょっとしたマイナスポイントなんてあまり気にならなくなっていきます。ですから、今あるスキルを活かせる職場を狙って就活を進めていくと、既卒の職歴なしというのがあまり不利にならなくなるのです。それはすごく助かることですね。

既卒が職歴なしで就活を成功させるコツ3,将来のプランを明確する

既卒の職歴なしの方は、将来についての考えが甘いと思われがちです。
ですから、事前に将来にプランをはっきりと描いておき、いざ面接でそれを聞かれた際にはスムーズに答えられるようにしておく必要があるのです。
それをスムーズに答えることで、逆に良い印象を与えることが出来るようになるでしょう。

~細かいスパンで具体的なキャリアプランを立てる~

そうした将来のプランというのは、なるべく短く具体的に立てていく必要があります。
1年後3年後5年後10年後それ以降、そのくらいに細かいスパンで具体的に見ていければ、相手を納得させ、仕事についてのきちんと考えている人なのだと相手を安心させることが出来るようになるでしょう。
既卒の職歴なしの方は、この点もまず欠かすことが出来ません。

既卒が職歴なしで就活する際は相手を納得させる理由と具体的なキャリアプランが重要!

以上、職歴なしの既卒の方が就活をうまく進めるための方法のご紹介でした。

●ブランク期間に何をしていたのか説明できるようにする
●今の能力で活かせる職場を探す
●将来のキャリアプランを明確にする必要がある

これらのことを参考にしていけば、既卒で職歴なしという状態からでもきっとスムーズに就活を進めていけます。
これ以上職歴なしの期間を増やさないためにも、ぜひ参考にしてみてください。