既卒のための効果的な自己PR方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

既卒のための効果的な自己PR方法

既卒の方は、新卒の方とはまた違う自己PRが必要になります。
既卒になるまで就職が決まらなかったのですから、今までの自己PRとは変えた自己PRを用意する必要があるということもあります。
そこでここでは、既卒の方がうまく自己PRしていくためのコツをご紹介します。

既卒の自己PR方法1,ブランク期間の経験をアピールする

clouds-863059_960_720

既卒になってしまってから何をしていたのか、それをアピールすることでいいことがあります。
それは、そうしてポジティブに自分を見つめなおして、そこからでも何かを得ようという真面目さを感じさせることが出来るということです。
落ち込んでダラダラと仕事をしてしまいそうな既卒期間でも、そうして何かを得ようと頑張る姿勢というのは、間違いなく評価対象です。
ですから、既卒になってからしていたことで、アピールできることを探してみてください。

●仕事に直接活かせるものでなくても良い!

それは、直接的なことでなくとも良いです。
仕事に直接活かせるようなアルバイトをしていたならそれを自己PRで語れば良いですが、そうでない場合は、仕事への姿勢など、どんなことでも問題ありません。
何かしら活かせることはあるはずですから、そういうことを自己PRに記載していきましょう。

既卒の自己PR方法2,ブランク期間の考え方を述べる

その既卒の期間で、特にどんなことを意識していたかを述べることで、それはより魅力的な自己PRになります。
その既卒の期間ではおそらく、上記のように、「どんな状況からでも何かを得よう」と思っていたはずです。
そうでなければ、就職活動を始めていません。
それを改めて言葉にすることで、その姿勢のアピールはより強くなるのです。自己PRの中で直接言葉にして、より強くアピールしていきましょう。

●現状を打破しようと工夫した試みを述べると好感度UP!

そこから何かを得るための、具体的な工夫というのも語れると尚良いです。
何の工夫もなしに意識していただけと、そこまで一生懸命している感じや、自分を見つめなおして頑張っている感じがしません。
ですが、何かを得るためにしている工夫があるなら、より印象は良くなります。

既卒の自己PR方法3,ブランク期間で得た能力の活かし方を述べる

自己PRではそんな既卒期間で得た経験や、そこでしてきた工夫や意識を仕事にどのように活かしていくのかということを述べるだけです。
ブランク期間で得た経験の活かし方は、具体的に語らないとなりません。ここが弱いとせっかくここまで組み立ててきた自己PRでのアピールが台無しになってしまいます。しっかりと下調べをして、具体的にどういう風に活かすか述べるようにしていきましょう。

●徹底的な企業研究が必須!ネットと生の情報を並行して収集しよう

既卒でも参加できる説明会に参加したり、既卒でも話を聞いてくれそうなOB訪問などを可能な限り繰り返して、少しでも生きた情報を仕入れていって下さい。
もちろんそれと並行してネットなどでも情報を入れていくとよいでしょう。
そうしてしっかり情報を確保していけば、既卒でも的確に経験の活かし方が語れるようになります。そうして内定を勝ち取りましょう。

既卒期間で得た経験や現状を打破しようとした前向きな考え方を自己PRとしてアピールしよう!

以上、既卒の方がうまく自己PRしていくためのコツのご紹介でした。こうしてアピールしていった方が、新卒時のようなアピールを繰り替えしていくより、よほど効果的です。
既卒ということを悪いように考えず、こうしてうまく自己PRに絡めて武器にしていってしまいましょう。