既卒向けの同説明会について知っておくべきこと | 新卒就活.com

2015/11/04更新

既卒向けの同説明会について知っておくべきこと

既卒のための合同説明会についてご紹介します。
就職市場は今や売り手市場と言われていますが、一方で就職が厳しかった時代に就職できずに卒業を迎えてしまった人もいます。
現在では、そんな既卒者の人材発掘と雇用を兼ねて、特別な合同説明会が開かれることも珍しくなくなっているのです。

既卒と中途採用の壁とは??

TSU763_aozoratokumo-thumb-815xauto-18360
既卒者で大きな壁となるのが中途採用との差です。
中途採用はある程度経験を積んだ人が中心の採用になり、既卒であっても職務経験がない人間にとっては大きなハードルになります。
既卒で経験が少ない人間に向いた選択肢がほとんどないことが社会問題になったこともあり、日本の新卒一括雇用の弊害と言われてきました。

~既卒であっても卒業三年以内は第二新卒扱い~

近年その状況が変わってきており、既卒であっても卒業から三年程は新卒とあまり変わらない、第二新卒の扱いとして採用を進める企業が増えてきています。
また第二新卒を中心とした合同説明会も開催されています。
第二新卒の雇用が進む一方で、まだまだ多数派と言えるほど多くの企業が採用を行ってはいないため、合同説明会で多くの企業と出会えることは大きなメリットと言えます。

既卒の合同説明会には正社員採用企業が集まる

既卒のための合同説明会のメリットは、正社員で採用する企業を集めていることです。
中途採用の壁の厚さから非正規雇用などにつく若者も多くいます。
一方の企業側も、派遣社員を引き抜くためには多くの手続きが必要になるため、有能な人材を引き抜きづらいなどの事情があります。
現在は人が欲しくてもなかなか確保できない業界が多いのです。

~定着率を向上させるために既卒も新卒と同じ扱いにする企業もある~

そのため、既卒のための合同説明会は、既卒の人間にとっても、企業側にとってもメリットになります。
それだけ真剣に取り組んでいるため、採用率も大きく上がる事になります。
人材確保に積極的で、新卒と同じように研修などから丁寧な指導を行い、定着率を向上させる努力も行うため、非常に恵まれた環境で仕事を出来る事も多いのです。

既卒のための合同説明会は頻回に開催されている

ただし、希望の企業や職種が集まるは限らないため、常に情報収集をする必要性があります。
自治体や地元商工会が主催して、IターンやUターン就職を視野に入れた募集もかけることがあるため、視野を広く持つことも重要です。
既卒や転職経験者向けの情報サイトもあり、各種メールマガジンでの情報発信を行っている場合もあるため、うまく活用する必要もあります。

~既卒向けの就職情報サイトやメルマガを使って積極的に参加するべし~

大切なのは、就職活動に妥協しないと言うことです。
実際に派遣社員やフルタイムのパートで働き始めてしまうと就職の為に活動することは困難で、キャリアを積んでからの転職と考えていてもなかなか抜け出せないケースも多いのです。
積極的に合同説明会に参加し、チャンスをつかむ努力が重要と言えます。

既卒向けの合同説明会が年々増加している!就職できる機会は豊富にある

既卒を含めた第二新卒向けの合同説明会が増えており、専門の情報公開サイトも誕生しています。
新卒とほぼ変わらない扱いで就職出来る事は既卒者にとって大きなメリットです。
積極的にチャンスを掴む為に行動し、情報収集を欠かさないことが就職への最短ルートと言えます。