既卒者が就活の場で新卒者に勝ち抜く方法 | 新卒就活.com

2016/08/04更新

既卒者が就活の場で新卒者に勝ち抜く方法

既卒者が就活の場で新卒者に勝ち抜く方法をご紹介します。
就活の場では、「新卒者じゃないと、不利ではないのか…」と不安を抱きがちです。
ですが、社会の求める人材であることをアピールできる点において、実際には既卒者や第二新卒者の方が大変優位な立場にあります。
その理由をご紹介します。

既卒者が就活の場で勝ち抜く方法1,新卒時代の問題点を考える

japan-217882_640
まず大切なことは焦らないことです。
現代の就活において、企業は新卒者を求める傾向があります。
既卒者の就活において、気をつけたいのは、このことばかりに気を取られて、焦ってしまうことです。
まずは、既卒者には既卒者の就活での戦い方があることを知りましょう。

~失敗した経験を分析して改善していく姿勢を魅せること!~

既卒者は就活において、新卒者よりも実際には大変有利な立場にあります。
それは、新卒時代の経験を活かすことができるからです。
まずは、新卒時代の就活を振り返り、どこがいけなかったのか、問題を明確化することから始めましょう。
問題が、「企業(業界)が求めるスキルと自分のスキルのギャップ」にあったのか、「就活をする上での自分の心構え」にあったのかを見極めましょう。「結局あの業界はこれができないと…」と、失敗の原因をスキルの問題に転化してしまうと問題の本質が見えません。
なるべく、自分の心構えや態度がどうだったかに絞って考えてみてください。
もちろん、スキルの問題の可能性もあるので、そこは冷静に考えましょう。

既卒者が就活の場で勝ち抜く方法2,失敗を利用する

自分の失敗を整理で来たら、既卒者は就活において新卒者よりもはるかに優位な立場に立つことができます。
新卒者がこれから失敗を経験する中で、経験からその失敗を未然に防ぐことができるからです。
既卒者は、新卒時代の経験を大いに利用してください。

~失敗の突き止めたうえで自分に足りなかったものを把握することが重要~

面接における自己PRや志望理由など、様々な場所で自分の経験を有利になるように使ってください。
就活でもっとも大切なことは「企業にとって有益な人材であると思えるか」です。
そのため、失敗から学び、改善し、再出発を図ることのできる人材は、大変重宝されます。
ロジックとしては、新卒時代の失敗の原因を探った上で、自分に足りなかったものは何かを明確にし、就活の時に相手企業にそこを売り込むのです。
こうすることで、より問題解決力のある人材であるということを売り込むことができるでしょう。

既卒者が就活の場で勝ち抜く方法3,改善点を明確にする

既卒者が就活で協調すべきことは、何がダメだったかではなく、何を改善したかです。
また、その改善点が企業にとってどういった点で優位になるのかも重要です。志望動機をイメージして以下の例文を見てみましょう。_

「私は新卒時代の就職活動で、自分が熱心になりきれず、就職活動を途中でやめてしまいました。
その原因は、自分が熱中できる仕事は何かを考えていなかったことにあると感じました。
そのため、時間をかけ、自分が本当に取り組みたいことは何なのか、社会にどういった形で貢献したいのかを考えました。
そうする中で、10年後、20年後の自分が目指すべきビジョンが明確になりました。
特に、御社では××に積極的に挑戦しているので、御社の○○な部分で自分のスキルアップができるし、より社会に貢献できると感じています。」

~将来のビジョンを盛り込むことで具体性が増す~

この例文の場合ですと、「熱心になりきれなかった」という失敗から、自分の将来や社会への貢献を考えながら、本当に熱中できることは何なのかを考えたということが伝わります。
企業にとって、将来のビジョンが明確な人材は、企業の発展に欠かせません。
既卒者が就活においてアピールすべきなのは、「失敗から学び、考えた結果、どのように企業に貢献することができるか」という点です。

既卒者が就活の場で新卒者に勝ち抜くためには失敗を力に変える姿勢が重要

就活では、業界や企業の名まえにばかり気が行ってしまいがちです。
そうなってくると、「新卒者の方が有利ではないかな…」と不安ばかりが先行してしまいます。
しかし、実際には、自分の失敗から学ぶことのできる、失敗から自分を変えることのできる機会を与えられた既卒者の方が、就活においては何倍も優位な立場にあります。
社会で求められているのは、失敗を力に変えることのできる人です。余裕をもって就活に臨んでください。